あとから来る者のために。いま何をするのか?なんです。坂村真民さんの詩から地球の反対側と70年前まで考える。

11817235_765402610237784_1261077197234643110_n

11822425_769813329796712_5174285090894641988_n 11822712_770506003060778_8983806733639921946_n 11825596_769813139796731_5415473816645907012_n

あとからくる者のために

あとからくる者のために
苦労をするのだ
我慢をするのだ
田を耕し
種を用意しておくのだ

あとからくる者のために
しんみんよお前は
詩を書いておくのだ

あとからくる者のために
山を川を海を
きれいにしておくのだ

あああとからくる者のために
みなそれぞれの力を傾けるのだ

あとからあとから続いてくる
あの可愛い者たちのために
未来を受け継ぐ者たちのために
みな夫々自分で出来る何かをしてゆくのだ

坂村真民

 

この詩、二年前くらいにドキューンってきたんですよね。

久しぶりにこの詩を思い出したのは、

ブラジルで行われた世界ジュニア。

そしてロシアで行われた世界ユース。

そこに、ブラジル人が日本人を応援する姿があり、

それが写真に残っているんですね。

これってすごいことですよね。

現地の日本人ではなく、現地民が日本を応援してくれるんだもん。

これってなぜかと考えたら、、、

それまでにブラジルに移住した日本人の取り組みとか、

現地でやってきたことが認められてる証拠でしょうね。

沖縄からも多くの移民がブラジルにも行ってるはずです。

何もわからず飛び込んでいった日本人の方々が

それこそがむしゃに働いて、現地の経済を回していたんだと思います。

それこそ、自分たちのことばかりではなく、

周りのことも考えて調和を大事にしていたから、

その子孫にあたる人たちにまでも日本人の良さという部分で伝わって、

遠くから来た日本選手団を応援してくれるんだと思います。

もちろん、いまの日本の国の発展や文化は素晴らしいので、

日本に残って、今の日本を作ってきた先輩方の力も大きいのですが。

日本が好きという国や若者はいますが、

隣の国に行ったとしても、そんな光景は見られないのに、

地球の反対側でそうやって応援してくれる人がいるというのは、

本当に心強いものだと思います。

選手団がどこまで考えているかわかりませんが、

そういう先人たちの取り組みまでも想いをめぐらすことができたら、

本当に立派な日本代表選手団だと思います。

 

そして、同じように、70年前に戦争にいった方々、

特攻隊員として散華された方々の想いも、

上記、坂村真民さんの詩のように想っていたことでしょう。。。

特攻隊を指揮した大西中将が言ったそうです。

「特攻は統率の外道である。

ここで特攻隊を組んでも戦況はあまり変わらないだろう。

植民地となればインディアンやハワイアンのように、

不利な条件で占領され、日本民族の復興はないだろう。

特攻は愚行であり99%成功しないだろう。

だけど、それだけ勇敢な若者がいたということが分かれば

500年後、1000年後に必ずしや日本国民は復興する。」

というようなことを当時に言っています。

それこそ、いまこの瞬間の大事な人を守りたい。

あとからくる、子孫のためにという想いを持っていたのではないかと思います。

もちろん、賛否両論あるかと思いますが、

そういう想いを持っていた人がいたというのは事実ですからね。

 

あとからくる者のために。

その時その時は自分のことで精いっぱいだったかもしれません。

だけども、最低限、あとから来る者が悪いイメージを持たれないように、

誠実に生きてこられたのだと思います。

旅の恥は掻き捨て。とか言いますが、

現地の人からしたら、たった一人の行いで、

〇〇人はダメだ。。。と言われかねません。

メカルも、日本人のいいイメージに助けられている部分が大きいと思います。

ハンガリー二年めの時に、

「mekaを見てると、戦後日本が経済成長したのがわかる」

と監督が言ってくれたのは個人的に人生で一番うれしかったかもしれません。

だからこそ、あとから来る者のために、

しっかりと、ご先祖様にも、後世にも恥じない言動をしていきたいと思います。

特に、海外で周りに日本人がいない環境だと、

その人=その国のイメージになりますからね。

 

あとから来る者のために、

いま、がんばろう。。。と思った。

田を耕し種をまくというのは、

やっぱり現地の人に認められて、日本という良き認識をもってもらうことですね。

ブラジルの人の写真が教えてくれましたね。。。

写真を撮ってくれた人、どうもありがとう。。。

日本を好きでいてくれるみなさん、どうもありがとう。。。

 

明日も自分史上、最高の自分に挑戦しよう☆

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。