講習会、講演会のお問い合わせは

hlpmekaru@handball-mekaru.com

までご連絡ください。

 

いいキーパーにシュートを打つ。そんなときのポイントは。。。

 今日はシュートを打つときのポイントを少しだけ。

サイドシュートやノーマークシュートを打つときに、

手を上にあげたりしてキーパーを操作しようとしたところ、

キーパーに怖くないといわれた、、、

とのこと。

どうすれば、キーパーに恐怖心を与えることが出来るでしょうか?

とのこと。

ちょっとその辺にいる人に聞いたところ、

ポイントは高低差、左右差、タイミングのギャップを作る、とのこと。

上にあげるということは、キーパーの目線を上下させて、

反応を遅くするということを考えていると思います。

キーパーの反応を遅くするために、いろんな工夫をすると思いますが、

キーパーを操作する、固めるということは大事な考え方ですね。

ギャップを作るというのは大事なことですね。

あと、ほかの人にも聞いたら、

ボールを隠すというのもありました。

ボールを上げてキーパーの目を上下させるというのも大事なポイントですが、

キーパーがボールを見えない状況というのは、

どこから出てくるかわからないので、恐怖心は出てきますよね。

メカルはボールは高い位置に保持することを推奨していますが、

ボールをキーパーに見せるとは言っていません。(笑)

ボールを高い位置に保持した状態で、

肩を入れておくと、ちょうど頭にボールが隠れるんですね。

その状態から、ボールの出どころを変化させるというのもいいですね。

キーパーの位置取りがいい時ほどに、縦の変化でシュートを打ちます。

キーパーが位置取りがいいと、左右の打ち分けは難しくなります。

だから、股下とか頭上へ打ったりして、

キーパーのタイミングを外したりします。

質問に答えるとすると、

上にあげてボールを動かす時に、

  1. より高低差をつけて、動かしたところからそのまま打たない。
  2. ボールを隠してみる。この時にボールを下に保持し過ぎない。
  3. 縦の変化を意識してキーパーを操作する。

そんな感じですね。

ご参考までに。。。

シェアする

フォローする

コメント

  1. 孝太 より:

    早速のご返答ありがとうございます!

    記事で取り上げていただくなんて大変恐縮ですm(__)m

    youtubeのチャンネルもいつも楽しみにしています!特に、僕はサイドプレーヤーなので、土井選手の回などはとても参考になりました!

    また質問等させていただくことがあると思いますが、その時はまたよろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。