【ハンドボール】銘苅淳のおにあくま

おごらず にくまず あせらず くさらず まけるな

思いやりは想像力。おもてなしは創造力。

time 2015/05/12

 さて、今シーズンも最終週。

今週土曜日が最後の試合になります。

したがって、その準備も今週が最後。

先週の試合、負けてしまったのですが、

ライバルチームも負けたため、いよいよわからなくなりました(笑)

まぁ、我々にできることは最後の試合を勝つことなので、

それに集中したいと思います。

H・K

今日はね、ブダペストで電車に乗ることがあったのね。

そこで、素敵な光景を見ました。

階段で荷物を運んできた青年、

そしてその荷物の主のおばあちゃん。

青年は階段を下りて荷物を渡すと、階段を上っていきました。

青年は改札を出るところだったのですが、

おばあちゃんが駅構内に階段を降りるのを手伝ったんですね。

どうせ一緒に降りるからとかではなく、

引き返してでも荷物を持ってあげる。

そういう青年、いるんだなぁと思いました。。。

こういう文化というか思いやりは大事ですよね。

思いやりは想像力

と瀬戸内寂聴さんがおっしゃってますが、まさにその通り。

階段は上るのもしんどいけど、

降りる時の方が負担は大きい。

身体をコントロールしながら階段を降りるというのは

なかなかに筋への刺激が強いのですね。

しかも両手に荷物を持っていると、もしも転んだら、大変じゃんね。

タイミングよく功子先生がFacebookでシェアしていた動画がこれです。

If you give a little love ,

you can get a little love of your own

やっぱりさ、優しさに触れると人は誰かにやさしくできる気がする。。。

もちろんさ、想像力を働かせていないとさ、何の変哲もない日常なんだろうけど。。。

思いやりは想像力

おもてなしは創造力

日常の中に学びがありますね。

この人困ってるかもしれない。

この人にはこれが今一番必要なことかもしれない。

と想像して、創造していきたいですね。

メカルもさ、少しの想像力を働かせて、

オリジナルの創造力で小さな笑顔が見られるようになりたいものです。

30歳になっても10代であろう青年から学びました。

皆さんも、ほんの少しの想像力と、

ほんの少しの勇気で、おもてなしをしてみませんかー??

周りの目とかあるんだけどさ、

想像するだけではなく、それを行動に移す勇気を育みたいですね。

やっぱりさ、大人がやらないとさ、子どもは気づく場面が少なくなるからさ。。。

どんな時も、いつか自分の子どもに見せても恥ずかしくない、

そんな言動をしていきたいと思いました☆

ブダペストでの試合に来ていたハンガリー代表選手のトモリ。。。

ミーハー発揮して少しの勇気で写真を撮りました(笑)

コメントを残す

銘苅淳

銘苅淳

ハンドボールプレーヤーの銘苅淳です。 1985年4月3日生まれ。 沖縄県浦添市出身。 [詳細]

スポンサー募集

アマゾン

ハッピーハンドボール第2弾

アメーバブログ

ビーレジェンド


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。