講習会、講演会のお問い合わせは

hlpmekaru@handball-mekaru.com

までご連絡ください。

 

【ハンドボール】アウトカットインの考察

11096614_832227813479582_7530925894244660608_n

左バックからアウトカットインする際に気を付けていることは?

ということだったので、少しまとめてみます。

と言っても、メカルもそんなに上手ではないので、

うまく言えないのですが。。。

まず、スイングフェイントか、スライドフェイントかで違ってきます。

メカルはスイングをあまりしないので、今回はスライドフェイントで。

ポイントは右脚だと思います。

右脚に体重を乗せて、DFを固めることが大事かと思います。

そのあとの脚ですが、

右脚を前クロスしていくのか、

左脚を横にだしていくのか、の違いがあるかと思います。

右脚を出すときはDFに近いところを通ってしまうので、

オフェンスファールを取られるリスクもありますが、

右肩でボールを守ってという点はストロングポイントですね。

アウトに行くときに、ボールを左手に持ち替えると、

DFから遠いところでボールを保持することになり、

空いた右手でDFを払いのけることもできます。

あと、DFを固めるとしたら、シュートモーションもおすすめです。

シュートモーションをすることで、

DFはどうしてもブロックに手が上がってしまいます。

そこで、しっかりと止まってコントロールすることができれば、

アウトカットイン、そこからのサイドへの展開が広がります。

ポイントとしては、6mの曲線部分をどれだけ攻めることができるかどうかですね。

対峙するDFはその曲線部分があるのでアウトに行かれると

どうしても後ろに下がりながらの守りになってしまうことがあるのです。

そこをうまく攻めることができればいいですね。

位置取りとしては相手の右脚と、自分の右脚が直線状にある場合、

半身左にずれています。

そこから6mの中に飛び込めばいいですね。

DFはどうしても利き手側を守りたいので、

中に位置を取っています。

その位置関係の中でDFがつかみに来るタイミングと、

止まるタイミング、DFを止める動きをしてアウトに行きます。

大切なことは1枚目と2枚目のDFが見えているかどうか、

6mの曲線部分のスペースを観察して発見しているかどうかですね。

世界的なトッププレーヤーはあの位置からディスタンスシュートを打ってきます

ナルシスが両足ジャンプしたらあの位置でも勝負はできません。

意図的にそこを攻めることで、もしカットインできなくてもDFを外に引っ張り出すことができるので、

得点確率の高い中央付近を拡げることになります。

角度がないところを攻めるというイメージがありますが、

そこを意図的に攻めるのと、攻めないのとでは大きな違いですね。

アウトカットインの時は、目の前に壁を作るようなイメージで、

身体の使い方を覚えていきたいものです。

では、動画をどうぞ。

最近のメカルと、学生時代のメカル。

昔やってたプレイがいまではなかなか見れないな。

やっぱりステップ打たないとなー。

学生時代のメカルも見てね。

これよりもうまい選手、たくさんいるはず。。。

飛びぬけて速いわけでもなく、飛びぬけて跳んでるわけでもなく、

普通の凡人の身体能力です。

ご参考までに。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。