日本リーグプレーオフ。大同の強さはどこにあるか?

 

今日は早起きして日本リーグのプレーオフをネットで観戦しました。

そう、パンを作りながら。。。

試合を見ての感想としては、

大同の勝負強さはすごいな、と。

準決勝のアップを見ていましたが、

全員で声を出して、キーパーにあてる数まで全員で数えて、

試合前からの一体感というかまとまりは素晴らしかったですね。

今日の決勝も、久保が止めて、山城が止めて、田中が7mを2本阻止して、

学生時代一緒にやった仲間が活躍しててとても楽しかったです。

あの大崎の選手の得点力を19点に抑えたというのは、

ディフェンスの安定感ですね。

短期決戦だと明暗を分けるのは、

どれだけ徹底されているかでしょうね。

言い換えれば、どれだけそこに集中できるか。

言い換えれば、どれだけ信じることができるか。

言い換えれば、どれだけ迷いなくプレイできるか。

スポーツに置いて一番まずいのは、躊躇です。

迷いがあったらダメ。

迷いがない、というのがその時点での最大の力を引き出すカギになります。

その迷いを払しょくして、準備してあげることが大同の伝統なのかもしれませんね。

戻るところがあるというか、原点に返る、というのは、

基本があって、チームとしての信念があって、受けつがれる伝統があって、

初めて出来るものなのかもしれませんね。

それを構築することがチームビルドになりますし、

時間がかかったとしてもそこの部分を大事にしてチームを作ってきたんだろうなぁという感じがしました。

残り40秒で3点差で大同が勝ってる状況で、

大同はタイムアウトを申請しました。

メカルはてっきり

「最後は引退選手を含めてベテランをコートに送るのかな」

と思っていましたが、末松監督が選択したのは

これまで一秒も出ていない若手選手を起用しました。

あの大舞台でコートに立たせてあげるという、

本当に貴重な経験を石橋、久保龍太郎はしたんですよね。

今後、ベンチで座っていただけの選手と、

数秒でもコートに出て、得点も決めた選手とでは経験という部分で大きな差がありますね。

これが受けつがれていくものなんだと思います。

関連記事はこちらから

こんな上級生は最悪だ。リーダーがすべき4つのこと

声を出せる選手になろう、よ。

大同というチームはベテランだからといって特別待遇されることはなく、

全員が本当に一所懸命にやっています。

だからこそ、若手はプレッシャーだと思います。

ベテランがやってるのに若手がサボるわけにはいきませんからね。

それが強さになるんだと思います。

大同の強さをハンガリーから見て、改めて感じました。

メカルは田中が7m入った時に

「これ、止める」

って2回当てました。

田中の間合いでしたもんね。

大同のいいところがでた試合でした。

こういう試合をぜひ会場で見て、それができないなら

ネットで見てほしいですよね。

そういうアナウンスが中高生まで届いていたのかどうか。。。

日本リーグのプレーオフがあることすら知らなかったという人が

マイノリティになりますように。

画像は今日の朝焼いたパン。

日本のふわふわパンにシナモンとレーズンを入れました。。。

もう美味しくて美味しくて、メカルが天才かと思いました☆

あと、今日のMEKARU channel は

ドイツの梶原さんと切越くん、八田くんと

福井の櫛田さんをつないでお届けしました。

内容はねぇ、、、本当にいろんなことを話しました。

だってさ、これまで最長の3時間弱。

自分でも何をしゃべったのか忘れたくらい(笑)

だから、ラジオみたいに聞いてみてください☆

まぁ、その中には海外でハンドボールするために、

どんな立場で海外でハンドボールするのか?という選択肢をまとめています。

ご参考までに。

海外でハンドボールする

聞き直してみると、面白いんですよ。

編集したらもっといいけど、そこまではできないね(笑)

切越、八田の二人とは初めてのからみだったけど、

ちょっとちゃちゃ入れすぎてやりすぎたかな。。。

そんなときに

「ちょっと待って、ちょっと待って、メカルサン!!」

って切り替えしてくれたらうれしいのに、すごくうれしいのに。。。

では今日も元気に生きよう。。。

今日のハンガリー語

太った

Kövér

 

 

Commentsこの記事についたコメント

2件のコメント
  • 石浦 るみ より:

    大同の勝負強さはハンパないですね。
    末松監督の真面目さとか、ハンドに対する真摯な姿勢とか、試合見てると色んな事が伝わって来る気がします。
    決勝がこの対戦カードってことが割と多いけど、どの試合も同じパターンってなくて、
    だからハンドボールはやめられない!って思います。

    あっ、どのスポーツも
    そうかもしれないですけどね(*ฅ´ω`ฅ*)

    • mekaru atsushi より:

      監督の言動やチームでの選手の言動から監督の意図するものが見えますよね。
      もちろんすべてがうまくいくとは限りませんが、
      大同は選手が負けないと信じ切っているところに強さがありますね。
      直前にどんなことをしているのかわかりませんが、勝ちに行く方法を知ってるのは間違いなく大同です

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。