講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@yahoo.co.jp

までご連絡ください。

 

【ハンドボール】右利き右サイドのシュートについて

右利き右サイドのシュートについて。。。

左利きが少ない日本において、

現場では右利きだけど右サイドに選手を配置することは多いのではないでしょうか。。。

大事なのは右脚

右利き右サイドでは

左脚で踏み切るのか、右脚で踏み切るのかで少し違ってきますね。

左脚で踏み切るときは、踏み切る直前の右脚の使い方がポイントになります。

右脚でしっかりと踏み込んで沈み込むようにしないと角度をもって飛び込めないと思います。

また、跳びたい方向にまっすぐ入るのではなく、

右脚を少し横にだして、その反発で左脚で角度を持たせる、という感じでしょうか。

イメージは6mラインに沿って右脚、左脚を動かすような感じです。

あと、右脚で踏み切ることもありですね。

右脚で踏み切った時にポイントなのは、

右脚の振り上げです。

右脚で踏み切るけど、右脚の振り上げがないと高く跳べないんですね。

その振り上げができるかどうかがポイントです。

動画の最期に出てきます。

空中姿勢

ジャンプした後の空中姿勢ですが、

やっぱり、基本通りです。

ボールの位置は高く左肩をしっかりといれている状態が取れるといいですね。

右利き右サイドでは左肩をキーパーに対して向けるというのは

空中で上体を反転させないといけないので、

難しいのです。だからこそ跳躍力が必要になりますね。

このときに、あえて左手でボールをもって、

空中で持ち替えるようにすると、

ボールを持ち換えるときに自然と左肩が入るようになります。

お試しあれ。

シュートの狙いどころ

一番に狙うところはキーパーの上から遠目の上です!!

ここを最初に狙わずに、最初から遠目を覗きに行くと、

身体が倒れすぎてしまってシュートコースが限定されてしまい、

キーパーにセーブされる確率があがります。

遠目の上を高くジャンプして打ちに行き、

そこから脇横や遠目の下、キーパーを動かしての股下、

寄せたところで近目を打てばいいと思います。

一番大事なのは・・・

サイドシュートにおいて一番大事なのは

飛び込みの速さです。

ボールをもらってのっそりと跳ぶのではなく、

どれだけ早く踏み切って6mの中に自分の身体を入れるかですね。

もちろん、その時の姿勢はいい状態を保たないといけません。

この飛び込みの速さを意識するだけで全然違います。。。

ご参考までに。

明日は大事な試合です。

いつ右サイドからシュート打ってもいいように

しっかりと準備しなければ。。。

それと今日から日本リーグプレーオフ

ネット中継もされます!!

メカルも見る予定です。

朝起きることができれば。。。

それに関連して、

最近映画の関係か、山田涼介君をよく見るのね。

彼を見るたびに石戸を思い出す。。。

車体の石君に似てない??

メカルは髪をおろしてる春日の次くらいに似てると思う。。。

5297216_477x636

日本リーグ。

試合する人はがんばってー

見に行く人は楽しんでー。

今日のハンガリー語

Dreams come true

Álmok valóra válnak


キーワード:







シェアする

フォローする

コメント

  1. takahashi より:

    石戸選手にも似ているけど、モロ春日に見える(^_^;)

  2. 上西 芳一 より:

    銘苅さん、リクエストにお答え頂き、本当にありがとうございます!動画のプレー、すごいですね。何回も見させていただきます〜。

  3. タカ より:

    高校2年生で、ハンドボールは中学から始めました。左利きで、ポジションは右サイドです。

    速攻ではシュートが決まりますが、サイドからはほとんど決まらず、試合に出してもらえなくなりショックです。

    朝練は自由参加なので、朝練で不得意分野を特訓してますが、どんなふうに意識をすればいいか、いつか、ブログに出してほしいです。

    ハンドボールは大好きで、大学でも続けたいと考えています。

    • mekaru atsushi より:

      ハンドボールが大好きというのは本当に大事なことだと思います。

      サイドからシュートを決めるというのは難しいですが、大きな可能性のあるポジションでもあります。

      全体の練習をするのも大事ですが、サイドシュートをパーツに分けてトレーニングすることも大事です。

      過去にもサイドシュートについて書いてある記事があるので、

      ブログ内検索で探してみてください。

      いつかブログの記事にもしてみたいと思います

       

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。