なんでそんなことをするんだ?ポジションチェンジ

ツイッターで質問があったのですが、

ポジションチェンジは何のために行うのか?とのこと。

結論としては、

DFに影響を与えて、攻撃達成率を高める

といったところでしょうか

まず、DFが等間隔で並んでいると一人当たりの守るスペースはある程度狭いままです。

そこで、攻撃のときにDFを動かして

DFを集散させるんですね。

DFを複数人、一か所に集めてしまえば、ほかに広いスペースができます。

そのスペースを狙う、というのが戦術の一つですね。

なので、どこにDFを固めて、どこにスペースを作るのか?

という考え方がないと、ポジションチェンジの意味は特にありません。

もちろん、マッチアップを変えて、DFに慣れさせないというのは大事ですが、

トップレベルになると相手もそれ相応の選手ですからね。

中高生の試合を見ていると、

なんでそんなことしているんだろう?という動きをしています。

意味を理解していないままに

とりあえず真似している感じです。

だけど、そこに意味を理解してしっかりと前を抑えることができれば、

もっと効果的なのに、、、

だって、意味のない動きをいくらしても疲れるだけじゃんね。

メカルが審判だったら絶対にパッシブの予告を早くするね(笑)

あと、ボール回しの中に動きを持たせることで、

ボール回しのリズムが取れますね。

DFが予想しにくくなるという点もありますし。

DFよりも先手を取ることで、DFの視野外から走りこんで攻めたり

アドバンテージを取りやすいのかもしれません。

 

まとめると、

ポジションチェンジをするメリットとしては

DFを集散させてスペースを創り出す。

動きの中でリズムよくボールを受けることができる。

DFのマッチアップを変えながら、視野外の動きで攻める。

というわけで、簡単ではありますが、

ポジションチェンジについて考えてみました。

ご参考までに。

中高生、大学生のみなさん、45とサイドがクロスするのには意味があります。

ボールなしでクロスしてポジションチェンジすることには意味があります。

それを理解して、考えて、その中でオリジナリティを出していきたいですね。。。

画像は先日のベスプレムの試合のもの

後ろで見学している後輩たちです。

やっぱり日本人て試合見学だよね

観戦っていう感じではなくおとなしいね。

前のめりってわけでもないし。

日本人が熱狂的にハンドボールを見るのはいつになるかなぁ・・・

とかいうメカルも試合を見るときは

じっくり見たい派です(笑)

今日のハンガリー語

契約

Szerzödés

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。