講習会、講演会のお問い合わせは

hlpmekaru@handball-mekaru.com

までご連絡ください。

 

打ち解けるには時間と言葉と愛嬌が必要です。

(null)今日はMEKARU channelの配信をしました☆

ご覧になりましたか??

まだの方は、こちらからどうぞ。

今回は少し長めになっているので、通勤通学の時にでも。。。

話した内容は、

ディフェンスについて、日本人の高校生の可能性について、

ラッスンゴレライ、という感じです。

冒頭はメカルが理想とするディフェンスのことについて

動画を使って話しているので、ぜひどうぞ。

その後はさ、いつもそのままビデオ通話して反省会をするのね。。。

その中で、やっぱり言葉について話をしました。

我々は外国人

これは日本以外ではまぎれもない事実ですね。

そんな時、やっぱりコミュニケーションが問題なんです。

現地の人に自分を寄せていくには、

やっぱり現地語を使うことが早いのです。

特に、ここには書けないような汚いというか、卑猥というか、

日本語でそんな内容言ってたら頭おかしいと思われちゃうよ、みたいな

言葉を使うことで、一気に親近感が縮まったりします。(笑)

というのも、そういう言葉は、こちらでは平気で、女性も使ったりするのでね。。。

もちろん、そういう言葉はメカルは使わないのですが、

なんだか知らずに教えられて使うと、みんなに爆笑されます。

そうやって少しずつ距離を近づけていくのですね。

もちろん、言葉以上にプレイや、コート外での時間が大事かと思いますけど、

メカルは自分の準備やケアも大事なので、どちらかというとロンリー孤独なのね。

最初はやっぱり壁というか、距離感を感じていましたが、

お約束のあいさつなどをしながら、

何度も繰り返して、少しずつ打ち解けていく感じです。

これはドイツにいる東江や成田も同じで、

彼らも少しずつ言葉を覚えていく過程で、

向こうから話しかけてくれたりして、

段々と楽しくなってきたようです。

いまの監督、スペイン語はできるけど英語ができないのね。

メカルはハンガリー語もスペイン語もできないし。

でもさ、数年前に覚えたスペイン語で少し話しかけると、

すごく喜んでくれます。

「ケロ ディネロ ポルファボール」

「ケ コニョ アセス」

「ムイ ビエン」

などなど。

やっぱりさ、外国人が日本語で話しかけてくれると

我々も嬉しくなっちゃうじゃんね。

それと一緒だよね。

そういう部分でコミュニケーションを少しずつとっていくことがやっぱり大事だし、

どこでも同じなんだなぁと感じました。

だからこそ、挨拶やありがとう、ちょっとした言葉は

いろんな国の言葉を覚えているといいですね。

チームメイトなんていきなり「ハットリハンゾウ!!」て言ってきたりします(笑)

最近になって、チームメイトと少しずつち解けて来た感じがします。

だからこそ、もう少し話がしたいと思いますね。

やっぱりコミュニケーションって大事だなぁと思うのでした。

もしも、皆さんが同じような境遇になった場合、

ぜひ、現地語でいろんな言葉を使ってくださいねー。

あとね、愛嬌がないとダメよ。

ムスッとしてると、ダメね。

あと、自分はお前らと違うんだ、的なオーラを出しているとダメね。

うちにもいるんだけど、セルビア人でスラブ語を話せる集団の中にしかいない選手は、

やっぱりハンガリー人から敬遠されるし、好かれないです。

見えない壁はあるし、あってもいいと思うのですが、

コミュニケーションをとって、近づく意思がないと、

本当に相手にされなくなりますね。。。

IMG_3613.JPG

インパルのシャツは今月いっぱいまでです☆

今日のハンガリー語
私は猫が好きです
Nekem tetszik a macska.

シェアする

フォローする

コメント

  1. 8番 より:

    指導者やキャプテンがコミュ傷だと、選手が大変だなぁと感じる事が最近多いです。少しずつでも改善しなければ~と思ってるところで、タイムリーはブログでした!

    話しは変わりますが、この写真の彼!大事なところでシュート外して、調子悪いのか?!!って焦りましたけど、最後はうまくまとめてくれましたね(笑)

    • mekaru atsushi より:

      前半に出ていたのは違う選手で、この選手は後半に出てきていいパフォーマンスしましたね。
      ドミニカ人の陽天気さと、身体能力は手に入れたいです。
      指導者は人間が好きじゃないと務まりませんね。
      キャプテンも、それ相当なオーラがないと。。。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。