講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

8月11,12,15,19、22、25,26、29日

夏休み中も日帰りできるなら可能です。

すでに10月の依頼もあります。

お気軽にお問い合わせください。

おごだでませんように

120218_1517121.jpg
画像は「おこだでませんように」という絵本
中学のときの先生のblogに載ってたので、古本屋で見つけて立ち読みしました
あらすじはいつも怒られてばかりの男の子が「なんで自分ばっかり怒られるんだろう」という疑問から始まります
最後はハッピーエンドなんだけど、読んでてなんか温かい気持ちになりましたよ~!!
小さい子供ってなんで怒られているかわからないことって多いですよね~
でも怒られるからこうしなきゃ
っていう考え方、嫌い(笑)
これやらなきゃ怒られる
とか、
走らされるからやらなきゃとか…
日々の練習でも、監督に怒られるから挨拶するとか、怒られるからとりあえずシュート打ちますとか、怒られないように一生懸命にやるとか…
メカルは基本的にひねくれてるので、やらなきゃ怒られるからとかではやらないです
自分が納得しないとやらないし~(笑)
まぁ、皆さん、何が言いたいかと言うと、トレーニングは怒られるからがんばるというのは次元が低くて、自分がうまくなりたい、勝ちたい、だから自分を高めたいと感じるからやるものだ↑↑↑
と今日、改めて教えてもらいました☆
当たり前だと思われるようなことでもタイミングと伝え方によって心に残るんですよね~
言葉って不思議♪
今日も山本さんに身体のケアをしてもらえたことに感謝☆

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

コメント

  1. あんこ より:

    その時の気分で怒ったり褒めたり。。。ダメですねぇ↓
    ダメだとわかっていてもやっちゃいます(反省)
    救いなのは、ウチの子供達は怒られた後でもアッケラカンとしていつもと変わらない事。イジイジされたら怒った方もどーしていいやら・・・。でも待てよ!せっかく怒ったのに心に残らずスルーもどうなんだか。ウーム
    ある意味子供の方がうわてなのかぁ???いいようにアシラワレテル感がして来た(笑)

  2. のりたま より:

    前の職場で「静かにしないとお母さんがあのお姉さんに怒られるんだからね」って子どもに注意しているお母さんがいて,
    そう言われた子どもがぎょっとした顔で私を見ていたことがありました。
    イヤイヤ,ソレハチガウデショー,と若干落ち込んだのを憶えています。
    タイミングや言葉の選び方って,難しいけれど大切ですよね☆
    メカルsanの言葉の選び方,好きです♪

  3. ちいさなおこちゃま より:

    我が家にもこの本、あります。
    ほっこりしますね♪

  4. YUKA より:

    怒る方も辛いんやでなっ(笑)
    カメール(笑) 
    だから早く理解してほしいな。
    直ぐに出来なくてもいいから
    理解しようとしてほしい。
    その努力があれば必ず先へ進めるから!

  5. YUKA より:

    怒る方も辛いんやでなっ(笑)
    カメール(笑) 
    だから早く理解してほしいな。
    直ぐに出来なくてもいいから
    理解しようとしてほしい。
    その努力があれば必ず先へ進めるから!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。