講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

5月19、26日

6月の依頼も来ていますので、

夏休み中などもお気軽にお問い合わせください。

ハンドボール事情

111102_1740581.jpg
スポーツイベント読みましたか~??
メカルね、服部さんが書いた韓国のハンドボール事情を読んでね、やっぱり環境面で全然違うなぁと思いました
軍隊に入らなければならないという義務があって、それは自分のやりたいこととか、夢が叶うとか、叶えたいとかそんなの関係なく義務
それで人生何度もないアジア大会の優勝にかけて臨んでいるのに中東の笛とかあったらたまったものじゃない…
日本人も韓国人も誰でもそうだけど、それぞれが何かを抱えて生きてるわけで、一概に言えないけど、力を持った人間がすべてをコントロールすることがスポーツの世界にあってはならないなぁと。
まぁ、どんな世界にも…ですが。
クーベルタンも泣きます
日本は会社に属してハンドボールをやらせていただいているのですが、韓国は選手が終わったらどうなるのでしょうか??
競技スポーツは残酷ですからね
頑張っても頑張っても結果が出なければ解雇されます
真面目にトレーニングしてる人物も尊いのですが、試合を勝たせる選手のほうが尊いです、チームにとっては。
そう考えると正社員で引退後も社業がある日本は恵まれていますね
まぁ、メカルは嘱託だから会社に残れる保証はないのですが…(笑)
それでもやりたいことをやらせていただいているいまは本当に素晴らしい環境だと思いました
おかげさまで沢山の人に会うことも出来るし☆
韓国でもハンドボールはマイナー競技です
韓国は頂点強化なので人口も少ないです
日本が強化と普及の車輪を回して、文武両道ならぬ、強化普及合一になってくれば強くなりますね~
これも杉山さんの記事ですが、地域が普及で協会が強化に専念できれば…
もっと沢山の人に、沢山の携わり方を持ったハンドボールができるはずですね~↑↑
まぁ、選手はがんばろう
保護者は見守ろう
ファンの人は楽しもう
それぞれのハンドボールを楽しみましょう☆
画像は韓国にあるハンドボール専用会場
上等体育館でした♪
あと、競技スポーツは残酷ですが、これが学校体育の枠に入るとまた違ってきます
メカルはプロセス重視の学校体育が好きです
素行は悪いけど抜群に活躍する選手も尊いのですが、勝てば何でもいいかと言われればメカルそうじゃない
このチームだから勝ちたい
このメンバーで勝ちたいと思える仲間とハンドボールしたいと思うのが、昭和60年生まれのメカルよ♪
平成生まれは知らなーい(笑)

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

コメント

  1. うめ より:

    スポーツイベント…すみません(^_^;)読んでないです。
    一生、現役選手は難しいですよね、特に激しいハンドボールは。現役選手としての期間は、長くはないかもしれませんが…ひたむきになれることがあるのは、羨ましいですよ(^O^)プレーオフ出場は決定でしょうが、残りの試合、ファイトでーす(^o^)/

  2. あんこ より:

    実際スポーツで食べてくのは大変な事ですよね。
    しかも年齢の期限は必ずやってくるのだから。。。
    すべてが順風満帆で行けるとも限らないし。
    まだ日本は恵まれてる方なんでしょうし、その限られた期間にいかに花咲けるかですね。

  3. のりたま より:

    選手と社会人との両立も、十二分に大変なことだと思います。
    どういう立場でもジレンマはついて回るものなのでしょうか…
    私も大学までスポーツをやっていましたが、個人競技だったので、「チームのために!」というモチベーションにすごく憧れます♪

  4. ちょびん より:

    読みましたよ。シム・ジェボクと親しいんですね。
    メカルさんも仁川に移籍したらどうですか?
    ジェボクからの誘いだと思いますよ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。