講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

10月24、31日

すでに1月の依頼もあります。

お気軽にお問い合わせください。

原発ハイロ

111215_1849041.jpg
報道ステーション、結構好き
ニュースステーションのときから好き
いま、サッカーの遠藤選手の理論に続いて原子力に関することをやってました
東海村の村長が原発廃炉を言ったそうだ
様々な問題を受けて村長は発言したと思います
人口の3分の1は原発関係、原子力の国からの補助金は60億で税収の6割
それで原発がなくなってしまったらどうなるのでしょうか??
もちろん雇用の問題や、財政の問題があります
それでも、村長がそう言ったのは…なぜ??
最後にコメントがありました
「故郷がなくなると生きていけないと思うんです」

故郷を誇れて、帰る場所があるというのはものすごく大事です
今年は大震災があって、長年住み慣れた故郷に帰れない方もたくさんいます
一刻も早く、故郷に戻れる日がきてほしいと思います
東海村の村長は勇気あると思います
正しい、正しくないはメカルでは判断できません
でも小さな村であれば、知り合いに原発関係者がいるはずです
街でも頻繁に住民に会うはずです
批判の嵐になるかも知れません
もしかしたら怖くなるようなこともいろいろあるのかも知れません
それでもそう言ったのは信念ですよね
すくなくとも、当たらず障らずな運営をしていたらこれから先困ることはないですし、本当に原発が嫌なら、出来るかぎり政権とって村長辞めたあとにどっかに引っ越せばいいですからね
目先ではなく、総合的に考えて判断したのだと思います
まぁ、村長がどんな人か、政治をしてきたかわからないので何とも言えませんが、独裁ではなく信念を貫く政治家であれば立派だと思いました
原子力マネーに流されませんように~
画像はハイウェイオアシス刈谷

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

コメント

  1. あんこ より:

    決断力ですよね。
    それなりに地位のある人は言動に大きな責任がかかってきますもんね・・・。多くの人達の生活が関わる問題ですから。
    一口に廃炉と言っても電力源が無くなるのもまた困った話だし、かといって危険性を考えると・・・うーん。賛否両論です。むづかし・・・f´へ`

  2. うめ より:

    難しい判断ですね。原発マネーは、ありがたいけど、危険と隣合わせ…。単純ではないでしょうが、お金と健康どちらをとるかでしょうね。今の生活は電気は必要だし…どうしたらいいでしょうね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。