講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@yahoo.co.jp

までご連絡ください。

講習可能日

2月 10,21、

3月 3,7,10、11、12,13,14,15,16,22,23,24,28、31

4月以降もお問い合わせください。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

すき家なう

111214_2215461.jpg
今日は練習終わるの遅かったからすき家さんで晩御飯
もう寝よう
あん子さんへ
小さい子供に投力をつけさそうと思うなら、何と言ってもボールを握って振り回せることです
ボールを把持するといいます↑↑
だから、空気を抜いてでも握れるようにしてあげることです
あとは流しを基本に打たせることでしょうか?
流しに強くコントロールすることができれば引っ掛けることはあとからでもできますからね~
あとはフェイントは相手から触られずに逃げるようなイメージを持たせてあげればいいのかも知れませんね
いまは好きになってもらうことが1番なので、最近接領域目標(今よりも少し難しいであろう課題)を次々に与えていって出来たことを評価してあげることです
走ったこと、声を出してボールをもらったこと、1:1にチャレンジしたこと、フェイントしたこと、抜けたこと、シュート打ったこと、決まったこと、練習した流しで決めたこと
など、出来ないことよりも出来てることを取り上げて、具体的にフィードバックしてあげたら子供のモチベーションは上がると思います☆
せっかくフェイントで抜いたのにシュート外したら意味ないじゃん
ってことはないですからね~
でも、根本的に勝負から逃げたり、諦めたりしたときは…
烈火の如く怒ること!!
ではなく、静かに怒ったふりをすることです…(笑)

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

コメント

  1. ちいさなおこちゃま より:

    我が家にとても参考になります。
    烈火のごとく怒ってしまうので
    気をつけたいと思います(^ ^;)

  2. あんこ より:

    さすが的確なアドバイスありがとうございます!!
    やはり根本は好き!にならないと続かないですもんね。
    点を決めた時の喜び&快感を知ればプレーは変わるしね(笑)
    ながーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい
    目で見守ります(笑)
    怒り・・・・できるだけ抑えるように頑張ります!!
    それでストレスが溜まったらバレーボールに八つ当たりします^o^v

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。