講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@yahoo.co.jp

までご連絡ください。

 

身体を大きくするにはどうすればいい?食事とトレーニング。

身体を大きくするトレーニングについて。。。

まず、身体を大きくする目的が大事です。

なぜそうしたいのか?

そうしたらどうなるのか?

という目的意識があることが前提です。

過去の記事でも、MEKARU channelでも、したたか言ってきましたが、

フィジカルは本当に大事。

併せて読みたい記事はこちらから

正しく積み重ねると100%成果が出る、フィジカル

トレーニングの強度設定

日本とヨーロッパの違い。

ハンドボールに必要な体重は??

そして、今日は身体を大きくする、

具体的には体重を増やすトレーニングについて。。。

体重を増やすには?

まず、食べないとダメです。

トレーニングをいくらしても食べないことには大きくなりません。

最近、ドイツの東江太輝と連絡を取っていても、

いつもお腹がすくと言っています。

メカルも車体に入って1か月で10キロ増加したとき、

いつもいかなるときもお腹が空いていました。

職場にいても夕食後も、朝起きた時も、いつもお腹が空いていました。

お腹が空いている状態が長いと効率的に身体を大きくすることはできません。

身体を大きくするというのは筋量を増加させるということね。

だから、食べてください。

もちろん、食べるものを選ぶことも大事です。

選べないならプロテイン飲んでください。


具体的なトレーニングは?

体重を増やすトレーニングとしては、、、

やはり大きな筋肉を使うトレーニングですね。

相川さんが

デッドリフトやったらご飯が食べれて体重にもくる。

と言っていました。

デッドリフトをすることで、脚の筋肉、

背中の筋肉に効かせることができます。

大きな筋肉を使うことで全体的に身体を大きくすることができます。

アームカールなどでは上腕と前腕の筋肉になるので、

それで体重増加さえるのは難しいですね。

あと、個人的におすすめなのは懸垂やロープ上りです。

腕全体に効かせることもできるし、

体幹を固めないとうまく登れないし、

広背筋に効いてくるので身体が大きく見えます。

IMG_3519.JPG

ただ、ただ身体を大きくすればいいというわけではありません。

身体を大きくする競技であればそれでもいいのですが、

ハンドボールに活かすには、

ハンドボールに還元しないといけませんね。

自分の身体をコントロールできることが大事で、

うまく使えることが大事です。

大きくするだけではなく、

使えるようにすることも大事ですね。

目的によってトレーニングの方法論が違ってくるので、

その時その時の目的に合わせてトレーニングをチョイスできればと思います。

メカルがおススメしてるTRXは本当にいいですよ。

自分の体重でトレーニングできるし、
しっかりと追い込めるので。。。

いまは情報を得ようと思えば、いくらでも入手できます。

でも、それが本当かどうかはまた別の話。

また質問に答えていきますねー

メカルが車体にいるときはこれを飲んでいました。
溶けやすいのでそのまま口に入れて、水を入れて、口の中でシェイクしていました(笑)

あと、こちらの本もおすすめです。

今日のハンガリー語
めっちゃきつい練習
Nagyon nehéz edzés

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。