ハンドボールのサイドプレーヤーの可能性を大同山城選手から考察する。

340

今日はハンドボールのお話。

 

サイドプレーヤーの可能性と役割について

 

最後には動画もあるのでぜひご覧ください。

 

サイドプレーヤーの役割を考えてみると、、、

  • シュートを決める
  • 攻撃を助ける
  • ディフェンスする

 

こんな感じでしょうか・・・

 

これ、以前にも書いていましたね(笑)

サイドプレーヤーの3つの重要な働き

 

シュートを決める

 

やっぱりハンドボールプレーヤーとしてシュートを決めるということは大事です。

 

サイドシュートは角度を取ることだ前提になってきますし、

どれだけ中に飛び込んで角度を取ることができるのか?

というのは大きなアドバンテージになりますね。

 

狭い角度でも飛び込むことさえできれば

その可能性は無限大です。

 

いまでは、スピンシュートは珍しくなくなってきました。

世界ではサイドプレーヤーの標準装備です。

車にエアバッグがあるようなもの。

いろんなシュートを試してトレーニングして自分のものにしたいですね。

 

しかし、バックプレーヤーから回ってきたボールを

ただ受けてシュートするというだけでは物足りません。

 

積極的に1:1を仕掛けていきたいです。

サイドプレーヤーの1:1が相手にとって脅威になると、

DFが広がります。

そうなると、ほかのスペースにもチャンスが出てきますね。

 

攻撃を助ける

 

上述したようにサイドプレーヤーがディフェンスに常に圧を与えて、脅威になれば

どこにボールがあってもDFは気を抜くことができません。

 

いまや、サイドプレーヤーが展開の中でポストに入ることも珍しくないです。

ダブルポスト移行することでディフェンスシステムを混乱させ、

チャンスを生み出します。

 

また、サイドプレーヤーはボールハンドリングなどが優れている選手が比較的多く、

展開の中で回り込んでシュートしたり、ポストにパスしたり、

ずらしたりすることで攻撃を助けることができます。

 

チームによっては速攻の展開でサイドプレーヤーがボールを運ぶチームもありますね。

攻撃を助ける重要な役割があると認識したら、なんだかもっといろんなプレイができるような気がしませんか??

 

ディフェンスする

 

サイドのディフェンスが楽だと思っていませんか?

立ってるだけで中央に比べたら運動量少ないし。。。

 

ではないのです。

確かに運動量自体は少ないのかもしれませんが、

レベルが上がれば上がるほどに、

サイドプレーヤーのディフェンスというのが大事になってきます。

 

  • 簡単にずらされるのか、
  • 2:1のピンチを守って切り抜けるのか、
  • インターセプトして速攻につなげるのか、
  • フォローしてオフェンスファールを誘うのか、

大きな違いですね。

 

いまではサイドプレーヤーがポストを守らなければいけないケースも多々発生します。

高く跳ぶために体重を増やさないようにしているという選手もいるかもしれません。

しかし、それだとポストを守ることが難しくなります。

 

ディフェンスでもチームに貢献するために、

ある程度の体重が必要ですし、積極的なディフェンス参加が大事ですね。

 

サイドシュートに関して。。。

 

メカルはサイドが専門ではないのでサイドシュートに関してはあまりものが言えません。

 

ここではメカルが感じたサイドシュートに関してお伝えします。

 

まず大事なことは飛び込むスピードがあるということです。

これはジャンプ力にもつながるかと思います。

ボールをもらって0,1,2で左、右、左で踏み切っていませんか?

 

これではちょっと遅い。

 

0,1歩の右、左で踏み切ってますか?

 

これだと、まぁまぁ。

 

やっぱり走り抜けるように0歩で踏み切りたいですね。

 

そして、サイドのワンハンドキャッチです。

バックプレーヤーからのパスをワンハンドでキャッチするんです。

それができるようになると、飛び込むスピードが上がりますし、

ある程度のパスでシュートにいけるようになります。

なので、積極的にトライしてもらいたいですね。

 

あとね、これが大事。

早くシュート体勢をつくること。

 

早い飛び込みで、素早いモーションでシュート体勢を作ると、

それだけキーパーに余裕がなくなります。

しっかりとボールを高い位置に保持して、

いつでもどんなシュートでも打てるようにすることですね。

そこからシューティングアームを変化させて、

キーパーを意図的に動かして打つようなシュートが理想です。

 

 

受け身のサイドではなく、

サイドから波を起こせる選手。

サイドなのに存在感ある選手。

サイドからチームを支えることができる選手。

 

を目指したいですね。

 

 

最後にメカルの同期、大同特殊鋼の山城選手の動画を。

筑波のモチベーションビデオから編集したので昔の動画になりますが、

彼の良さが半分くらい出ています。

 

いまの山城選手はもっともっと素晴らしい選手なので、

ぜひ会場に行ったときには注目してもらいたいですね。

 

そして、なんだか人を寄せ付けないようなオーラがありますが、

話してみるとしっかりと面白い人ですので、ぜひお声掛けくださいね。

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。