講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@yahoo.co.jp

までご連絡ください。

 

ハンドボールの速攻で大事なポイント。トレーニング。

IMG_3408.JPG
以前、blogにコメントをもらっていたのですが、

どうやって説明しようかと思ってて今になってしまいました。

今日は速攻、Fast Breakについて。

いいですか?

いきますよ(笑)

まぁ、詳しくは井上君のブログを読んでもらうとして、

メカルは速攻の基本的な考え方を。

ハンドボールの井上 速攻の強いチームにしたいのですが。。。

速攻に必要なことは??

速攻を出すためには相手からボールを奪う。

すなわち、攻撃権を得ないといけません。

相手の攻撃をマイボールにするには、

  • シュートを打たせる
  • 相手のミスを誘発する
  • インターセプトする

だいたい、この3つだと思います。

相手がシュートを打てば攻撃権が変わります。

それをキーパーがセーブする、もしくはブロックすることで失点を防ぎます。

そのまま早い攻撃につなげるのが速攻ですね。

速攻に出やすいディフェンスシステムというのもあります。

速攻に出やすいディフェンスシステムとは。

攻撃的で積極的なディフェンスシステムだと相手がミスをしやすく、

相手ゴールまで近いので攻撃権が移ってからシュートまで早く達成することができますね。

3:2:1ディフェンスや4:2ディフェンス、攻撃的な6:0ディフェンスなど。

しかし、これらのディフェンスシステムは一人当たりの守るスペースが広くなるので、

攻撃に崩される危険も高くなりますね。

基本的な考え方は

速攻の基本的な考え方として、

数的優位の状況を見逃さず、攻め込む。

というものがあります。

相手がシュート後に倒れこんで戻れない。

相手よりも早くスタートしている。

などですね。

その瞬間を見逃さずに攻め込むことができれば、

イージーに得点できますね。

しかし、相手も戻りますから、その時間というのは一瞬です。

相手の情況をみて攻め込む観察が大事になりますね

そして、準備と共通意識が大事になります。

速攻の準備と共通意識

速攻の準備というのは攻撃権を得てから相手の情況を

観察して、認知して、行動する。

ことです。

チームとしてある程度の形があるかと思いますが、

基本は

  • シュートが打てるところにいること。
  • そのスペースに走りこむこと。
  • そのスペースを創り出すこと。

になります。

どこに行けばシュートが打てるか観察し、

そのディフェンスと味方の情況を認知して、

スペースに走りこむタイミングをはかって、

動き出すこと。

蒲生さんはTPMBって言ってたかな。

  • Timing
  • Positioning
  • Moving
  • Balance

だと思う。中部大生の皆さん、あってるかな??

ただい走ればいいというわけではない。

ただまっすぐ走ればいいというわけではない。

数的優位を的確に攻めるためにはいろんなことが大事です。

スペースというのは、

ディフェンスがいないところ。

ディフェンスの間。

ディフェンスの段差。

ですね。

そこを観察して、認知して、実行できれば、

上手く攻めることができかもしれません。

はやければいいわけではない。

走るスピードが速いことは大事です。

観察して実行する、動き出す早さも大事です。

しかし、皆さんもわかると思いますが、

自分のスピードを上げるとパスキャッチ、判断などが難しくなります。

そこでチームとしての規律が出てくるわけです。

速攻の形と言ってもいいかもしれません。

メカルが大学4年の頃は、

「サイドはサイドラインと9mの交わるところに誰よりも速く走って」

と言っていました。

そこに走れば、メカルがパスを通すから。と。

ディフェンスはまずは中央に戻る習性があるので、

意図的に外側を攻めよう、と。

そこでパスを受けて、シュートが打てるなら打てばいい。

もしも打てなくてもディフェンスが外側に引っ張られるから

最終的にシュート確率の高い中央付近でフィニッシュできる、

もしくはそのスペースに走りこんでディフェンスを崩すことができる。

という理由からです。

学生の時はあまり速攻の形を言うものを作らなかったかと思う。

上記のように、走る場所だけある程度決めておいて、

あとは各自の判断でスペースを攻めていく。

という感じでしたね。

ミスが怖い、もしくは相手がある程度戻っていても攻めきりたい。

と思うなら、ある程度の形を決めて、それをすることもいいかもしれませんね。

基本的な形を動画で説明しています。

速攻の形はチームによって様々です。

サイドが中に切れ込んでいくこともありますし、

ダブルポスト移行することもあります。

だけど、基本は上記の通り。

数的優位の情況を素早く作り、

スペースをどれだけ攻めることができるのか、ですね。

速攻のトレーニング

速攻のトレーニングはいろいろです。

これを説明すると、長くなりすぎると思うので、詳しくは割愛。

情況を設定して、

ディフェンスが戻るまでにタイムラグが発生するようにしたり、

ゲームの中で速攻の得点を2点にするなどで速攻の意識を高めることができますね。

メカルがおすすめするのは、

時間的な制限をかけることです。

例えば、

二人でランパスして行って戻ってくる間にシュートを2本打って決める。

それを10秒以内に行う。

というのはどうでしょうか?

二人とも向こうの9mに入らないといけない。

となると難しいですね。

2:1にしてもそう、4:3にしてもそう。

数的優位の情況をイージーに攻めることができても、

時間的な制限をかけることで、余裕はなくなります。

的確な判断で、プレイで、プレッシャーを受けながらシュートを決める

というのが速攻のトレーニングですからね。

みなさんどうぞお試しください。

最後に動画をご覧ください。

今回の文章をまとめています。

この動画は筑波大学のモチベーションビデオを編集しなおしたものです。

モチベってすごいね。

筑波の学生がめっちゃすごく見えるね(笑)

いいプレイがたくさんあるので、YouTubeのメカルのページから見てみてください。

また、これらの動画を編集していきたいと思います

いま考えているのは

キーパーとポストとコンビネーションかな。

だけど、動画をまとめるのにも文章書くのにも時間がかかるわけ。

気合い入れて書いてもアドセンス収入なんて微々たるもので、

メカルの時給いくら?って感じ。(笑)

暇ならやるわ、暇なら。。。

今日のハンガリー語
ここに来て3年になります。
3 eves vagyok itt

シェアする

フォローする

コメント

  1. […] ハンドボールの速攻で大事なポイント。トレーニング。 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。