講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

12月5,15,18,19,23,24,27,28,29,31日

すでに2月の依頼もあります。

お気軽にお問い合わせください。

必要に迫られるということ。

IMG_3531.JPG

昨日までクロアチアとセルビアからトライアウトを受けに選手が来ていました。

キーパーなんてヴァルダールスコピエでやってたらしい。。。

セルビア人はセルビアのチームでEHFカップに出てたらしい。

クロアチア人は2mの選手。

誰を取るのかわかりませんが、

この冬で補強をして、どうにかして一部に残らないといけないですからね。

キーパーは別として、

バックプレーヤーの二人は若い。

21,2歳の選手。

そして彼らは英語が達者。

以前も書きましたが、

「日本人は大学まで出ているのに、なんで英語ができないんだ?」

と言われてしまいます。

彼らはいろんな国の選手と接しているから英語が必要なんでしょうね。

必要じゃないと何もしませんしね。

メカルも必要に迫られていないと何もしない。

とりあえず、片言のハンガリー語と英語でコミュニケーション取れているから

まぁ、いいかな。と思っていたんだけど。

せっかくこっちでいるんだから、もう少し話せるようになりたいと思って、

毎日1フレーズハンガリー語を覚えようと思ってブログに書き出しました(笑)

とにかく、海外に行くには言語が大事。

というわけでこちらの動画をご覧ください。

言葉ができないという苦労はどこにいってもあるあるです。

日本という国では日本語以外話すことはあまりなくて

英語を習っていても話さないと覚えていかないし。

でもさ、それもさ、必要がないからだよね。

必要に迫られれば必ずやるようになるし。

そういう環境に身を置けば、必要が出てくる。

でもさ、環境に身を置いているだけで、空気を吸ってるだけで

言葉ができるようになるわけではない。

プレイもうまくなるわけではない。。。

メカルもハンガリー語が絶対的に必要という状況ではなかったけど、

がんばるわ、、、できるだけ。

今日のハンガリー語

10 órakor találkozunk
10時に会いましょう。

そういえば、地元紙のコラムを載せておきます。

銘苅淳の送球道

おなじみの夢を叶え続けることについて書いています。

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。