講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@yahoo.co.jp

までご連絡ください。

 

日本代表選手が逮捕。トップ選手が担う役割とは?そしておススメのウェーブステルス

IMG_3388.JPG
あー!!!!

スポーツ選手が犯罪を犯して逮捕されました。

所属しているチームは大会期間中でチームは試合を辞退。

所属チームにも大きな迷惑ですね。

パチンコ店で置き忘れた財布からお金だけを盗ったらしいのですが、

その辺の人がやってもニュースにはなりませんが、

その人のバックグランドが大きければ大きいほど、大きなニュースになりますね。

そもそも、スポーツ選手に求められるものは何でしょうか?

社会的模範として見られる

礼儀正しくなってほしい。

心身ともにたくましくなってほしい。

という理由でスポーツを始めさせる保護者も多いですよね。

それはスポーツが勝ち負けだけではなく、

そういった教育的部分に期待をしているということですね。

確かに、スポーツを通してそれらの能力を

手段的目的として磨くことは期待できます。

保護者からしたらそれが一番の目的ということもあるかもしれませんね。

スポーツをすると礼儀正しくしっかりするというイメージがあるということです。

同時にスポーツを仕事としている人間には、

それらのイメージが出来上がっているので

一般の人からしたらそれを強く求められると思います。

憧れの対象

トップ選手がプレイしている場所というのは子どもたちが目指したい場所でもあります。

もちろんトップ選手だけではなく、市民ランナーでも、ママさんバレーでも

魅力的な人はたくさんあるし、それをみて憧れの対象となることはあると思います。

ただ、トップ選手はやはり多くの人に見られるので、

あぁ、自分もあんな風にプレイしたい

自分もあそこでプレイするんだ

という憧れの場所にいることを認識するべきです。

そして社会的模範にもつながりますが、

立ち居振る舞い、言動ひとつで子どもたちの夢にも人生を変えるきっかけにもなります。

だからこそ、子どもたちに対しては教育的側面も意識しておきたいところです。

いや、そうしてもらいたいです。

結果を出すことが仕事だけど、愛される、応援されることは大事。

以前も書きましたが、選手やチームの最大の目標が

「愛される、応援されるチーム」になってはいけません。

過去の記事はこちら。

「愛されるチームになる」がチームの目標になってはいけない

チームの規律や個人の判断の基準として

「どちらが愛されるか」を考えるのは大事だと思いますが、

それ自体が最大の目標になってしまっては、まずい。と思う。

日本のスポーツはアマチュアスポーツで

企業がチームを持っていることが多く、

社会の中では企業のイメージを背負っているので、

スポーツ選手がちゃらんぽらんだと企業のイメージも悪くなり、

スポーツをサポートしないことにもつながりかねません。

そうなると、企業はスポーツに対してお金を出さなくなるし、

スポーツそのものが衰退していくと思います。

となると、選手が担っているものは大きいですよね。

だから、チームの規律とかモラルの一つとして

「愛される、応援される選手・チーム」になりたいです。

とは言っても人間だから・・・

日本代表選手も人間です。

人によってはタバコも吸うだろうし、酒も飲みます。それが試合前日だったとしてもです。

副流煙が蔓延しているパチンコ屋さんにも行きます。

だけど、それらは一般的に全く問題ないことです。

法律を犯しているわけではないですからね。

だけどやっぱり、トップ選手となるとその立場があります。

許されていることでも一般の人からしたら

「えー、マジで?そうなの?」

ということもあります。

それだけのものを担っているということです。

それは誰もがなれるわけではないトップ選手という立場です。

ましてや、日本代表となると担っているものは

応援してる人や地元の都道府県や企業、連盟や協会だけではありません。

日本という国を代表としているのです。

日本が国を代表する選手と認めているわけです。

例えば、プライベートでキャバクラに行くのは問題ないです。

だけど、代表選手が国旗が入ったジャージでキャバクラに行くのはどうかと思います。

日本代表やトップ選手はやはり見られているというか、

自分が及ぼす影響に関して考えないといけませんね。

その時の判断基準が「愛される・応援される選手」だと思います。

その意識の差が紙一重なんです。

まぁ、いっか。となるのか、

いや、ここはこっちの方がいい。と思えるのか。

その意識の一つ一つが、トップ選手になったとしても代表選手になったとしても

ペラペラの薄っぺらいものでいつか忘れられていくのか、

紙を積み重ねて後世受けつがれていく一冊の本になるのか、

そのへんが大きな差になると思います。

まぁ、メカルは代表ではないけどね(笑)

そこまで大きな影響があるとは思えないけど、

ブログを読んでくださる方もいるので、少しは意識しないとね。。。

さて、ここから第二弾

おすすめ商品の紹介です。

今日はミズノのシューズ

ウェーブステルス

IMG_3391.JPG

いけてるでしょ☆

メカルが大好きなビタミンカラーのオレンジー

テンション上がるー

今日から使用したのですが、チームメイトには欲しいと言われました。

ヨーロッパでは売っていないらしい??

「meka,big money!!!!」

と茶化されます。(笑)

このウェーブステルスですが、

先日紹介したKjellingの動きを分析して創り出されたんですねー。

もう、それだけでなんだかハンドボールがうまくなりそう。。。(笑)

履き心地としては床をつかむ感覚が良くて、着地もいい感じです。

底が固いということもなく、足にすぐにフィットすると思います。

日本ではまだ発売されていませんが、2月ごろには一般のスポーツショップでも購入できるはずです。

ぜひ、チェックをして、今後のシューズの買い替え時期の検討をしてくださいね。

お年玉を貯めておくのもいいし、

クリスマスプレゼントを保留してもいいし、

とりあえず、いますぐ欲しいから今買えるやつを取り寄せるでもいいです。(笑)

ヨーロッパはカラーリングが斬新ですもんね。

個性を出しながらも足をしっかりとサポートして、

パフォーマンス向上を狙う、おススメのシューズです。

ミズノのシューズを履いて、ミズノフレンドになりませんかー??

2014年も346日連続でいい1日でした☆

シェアする

フォローする

コメント

  1. Yoshino より:

    初コメントです。いつもFBから飛んで読ませていただいてます^^

    代表選手の不祥事は確かに残念でした…。
    確かに良いことも悪いことも取り上げられてしまいますね。
    世の中の方々が「天知る 地知る 我知る」の精神を心のどこかに置いて欲しいなぁ…といつも思います。

    シューズ、カラフルでカッコいいですね!インシューズは種類もデザインも様々ありますよね!
    ハンドやってる高校生の息子が、ネットで見てもアウトシューズが売り切ればかりだったようで^^;
    結局スポーツ店でミズノのシューズ購入しました。
    ミズノフレンドの一員に入れてやって下さーい^^

    • mekaru atsushi より:

      今回のシューズはこれまで日本にはないようなカラーリングですよね。いい感じです。
      代表選手までになって顔が割れるとどこで誰が見ているかわかりません。
      だけど、それがトップ選手になるということだと思います。
      自覚が必要ですね。。。
      ミズノフレンド、どんどん増やしましょう☆

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。