君は西山清を知ってるか?そう、あのハンドボール界伝説の。。。

IMG_3335.JPG


西山清さんを知っていますか??

ハンドボールが盛んな街、氷見市出身。

筑波大学を出て、日新製鋼に入社してオリンピックにも出た選手です。

西山さんの伝説はいろいろ聞きます。

ホンマでっか?という視点でご覧ください。

高校までステップシュートしか打つことが許されなかった?!

氷見高校出身の西山さんですが、高校時代はステップシュートしか打つことが許されなかったとか。。。

昔のスポーツイベントでは西山さんの特集をしていてそれを少し読んだことがあるのですが、

元々は器械体操の出身です。

それが怪我をしてしまいハンドボールに転向したとか。。。

その関係もあいジャンプを禁止していたのかもしれませんね。

しかし、ステップシュートだけで10点以上は軽く取っていたというので驚きですね。

引っ張りの西山

西山さんと言えば引っ張りのシュート

と言われるくらいの代名詞がつきます。

何でも引っ張り下だけで西山さんの中では9つのコースがあったそうです。

引っ張り下で9つのコースを持っているという西山さん。

わかっていても取れないシュートとはこのことですね。

シュートの時は「ボコッ!」と音がしていた。

西山さんがシュートを打つときに

「ボコッ」っと音がしていたそうです。

これはボールを投げるときにボールを握りつぶして弾きだしていたためだと思います。

いかに瞬間的にボールに力を伝えていたかというのがわかりますね。

日本リーグのデビュー戦で大同がスタートからマンツーをつけた

筑波大学を卒業後は広島の日新製鋼に入社しますが、

日本リーグデビュー戦の大同特殊鋼戦で、

老舗強豪チームの大同がルーキーに試合開始からマンツーマンをつけました。

それほどまでにおそれられていた素晴らしい選手だったということですね。

今でも考えられないですよね。

ルーキーに試合開始からマンツーマンつけるなんて・・・

驚異のジャンプ力とジャイロボール

西山さんの特長はその美しい空中姿勢。

器械体操出身なだけあって、空中での姿勢は美しく強いです。

ぶれることなく、そして、かなりジャンプします。

そうとう強靭な体幹を持っていることがわかります。

そして、シュートがジャイロボールなんですね。

ジャイロボールとは、こちらをご覧ください

この威力十分なジャイロボールに

抜群のジャンプ力を駆使してシュートしてます。

190センチのディフェンスのブロックの上から、

190センチのキーパーの頭上を打ち抜く。

しかも15mくらからジャンプして、、、

こんなシュート見たことないね。。。

ここで映像をご覧ください。

 

この時、西山さんは30歳前後

バリバリに活躍してるし、ガンガン点を取っています。

学生の時やもっとお若いときはどんだけーな選手だったんだろうと

想像するだけでワクワクしますね。

学生時代、西山さんはディスタンスシュートでまずはどこを狙ってるんですか??と聞いたら、

頭の上。と答えたそうです。

映像の中にも頭の上を打っている場面がたくさんありましたね。

シュートまでが早くてクイックシュートがあるので、

ディフェンスが先に固まってブロックに跳ぶと、

空中でセーブしてシュートを打ちます。

右、左で踏みかえてのシュートは威力抜群ですね。

こんなシュートを打つ選手、なかなかいないですよね。

身長は180センチないですよ。

靴を履いても180には足りないと思います。

大きくはない選手が、これだけのプレイをすると勇気になりますよね。

ストロングポイントを伸ばして、

「西山と言えば、、、」

という代名詞までできる。

そんな選手になりたいものですね。

「メカルと言えば、、、」

なんて代名詞がつくでしょうか。

しゃべってばっかりだ。

って言われないようにたまにはハンドボールもがんばろう。。。(笑)

2014年も339日連続でいい1日でした☆

Commentsこの記事についたコメント

8件のコメント
  • 梅田行人 より:

    懐かしいですね。この動画はお気に入りで何度も見ています。昔、自分の頃はやはり慶応にも平林さんという化け物みたいな人がいて、PTになると必ず控えキーパーが出てきました。万が一当たるとキーパーが壊れるという理由でした。最近はそういう化け物みたいな選手見なくなりましたね。

    • mekaru atsushi より:

      慶応の平林さんという方もお会いしたことはないのですが、
      よく素晴らしい選手だったと聞きますね。
      今はビジネスマンとして大活躍だと伺っております。
      ハンドボールは優秀な人が多いですね☆

  • 初めまして より:

    VeszpremがハンガリーリーグではなくSEHAリーグに参加している理由は何なのでしょうか?

    • mekaru atsushi より:

      ハンガリーやマケドニアなどのリーグでは1強、2強の状態で、
      格差があるので、よりチームを強くするためには、、、という意味だと思います。
      でも、最終的には順位決定のプレーオフではベスト4からのスーパーシードになるそうです。

  • eiji より:

    西山さんの動画
    すごく見たいけど非公開になってる!

    • mekaru atsushi より:

      大変申し訳ありませんが、動画は不適切だと判断して公開しておりません。
      すみません。

  • 中島昭博 より:

    こんにちは 銘苅淳選手の活躍をいつも応援している中島昭博です。あなたには、是非、日本代表入りして、サッカーの長谷川誠選手のような存在になってほしいと念願しています。そして、あなたをその立場に抜擢する新監督スタッフが選出されてほしいと懇願しています。誰もが納得し、応援したくなる素敵な代表チームの「核」となって世の中をアッと言わせてほしいと心底想っています。あなたが、日本代表キャプテンの立場で、普及、強化、その他関連する環境改善に必要な提案を熱いスピリットでマスメディアを通じて発信し続けることによって、日本ハンドボール界ファミリーの絆を繋ぎ、多くのファンが代表チームや所属チームの応援に駆けつけてくれる明るい未来を創ることになると想うから。
    以下は、今夜の会議に提案する内容です。
    「東日本大震災津波復興チャリティー 2016(H28)希望郷いわて国体・希望郷いわて大会500日前PRイベント~2020東京オリンピック・パラリンピック応援企画~いわて花巻“28(?)時間”耐久ハンドボールゲーム 開催要項(案)≪開催趣旨(案)≫東日本大震災津波からの復興をシンボルとして、”広げよう 感動。伝えよう 感謝。”のスローガンのもとに開催する『2016(H28)年希望郷いわて国体・希望郷いわて大会』と『2020年東京オリンピック・パラリンピック』の成功を目指し、人・地域・国・世代を繋ぐため、広く国内外の有志に参加を呼び掛けて『28(?)時間耐久ハンドボールゲーム』を開催し、新たなレジェンドを創りつつ機運醸成の機会とする。」
    因みに、ギネス記録は、72時間?オランダでの記録だと伝え聞いています。海外組の皆さんにも参加していただけると幸いです♪

  • mekaru atsushi より:

    中島先生
    いつもお世話になっています。
    そしていつもいつもありがとうございます。

    素敵な企画ですね。
    メカルができることは何でもやりますよー。
    帰国のタイミングが合えば最優先で駆けつけますので、詳しい日程が固まればまたぜひご連絡をくださればと思います。

    岩手の国体、熊本での世界選手権、東京でのオリンピック、メカルも関われたらなぁと思います。。。
    さて、どんな形でかかわることができるでしょうか。。。
    いま人生の身の振り方を考えています(笑)
    いい就職先、あれば。。。(笑)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。