クリスマス

13004086464771.jpg


テレビ見てました
ジェネレーションギャップを見る番組
タイトルのクリスマスですが、昭和30年代の初婚年齢は女性が24.6歳
25を過ぎると売れなくなるという意味から、25歳を過ぎた女性を形容して言ったそうです
いまこの時代にそんな発言をしたらセクハラで負けますね、完全に…
あと、「蛍光灯」
蛍光灯が出始めた時代、光るまでに時間がかかったことから、鈍臭いことを蛍光灯と形容したそうです
いまの時代、白熱球、蛍光灯ではなくLEDでしょうか??
LEDはなんと形容しよう?
金婚式あたりでしょうか??
金婚式を迎えたカップルにLEDのようですねとはよう言えませんが…(笑)
他にも昭和30年代と現代では常識というか考え方も全然違いますよね
でも、昔があっていまがある↑↑
歴史があって現在、未来がある
メカルはキノコ紅茶なんて知らないけど、30年後はいま話題のスマートフォンも笑われているんでしょうね
いまを大事に生きたいと思います
今日も大好きなみかんを食べて寝れることに感謝☆
明日の目標:勢いよくいく↑↑↑

Commentsこの記事についたコメント

コメントはまだありません
  • 3L!!! より:

    紅茶キノコ、飲んだ飲んだ(笑)

  • 9121 より:

    キノコ紅茶…だからこの画像(笑)

  • あん子 より:

    見ましたその番組!
    確かに今と昔では何か笑える位のギャップありますよね。
    「そうそうこんなだった」とアイヅチの連続!
    でも今は何でも便利になりすぎて、人間がオウチャクになって自由過ぎのような・・・
    ほどよく不自由が丁度良いのでは?
    中尾さんの意見に心の中で「その通りや」と言ってる自分が居ました。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。