講習会、講演会のお問い合わせは

hlpmekaru@handball-mekaru.com

までご連絡ください。

 

Connecting the dots.何かと何かをリンクさせる力を磨こう。いつかを楽しみに生きよう。

IMG_2574.JPG

IMG_2697.JPG

  • テンションがアガルのは再会したとき
  • しんどい壁に向かって闘っている人へ
  • 明日の種をまくのは今日なんだ
  • つなげる力を磨こう

Connecting the dots

これはアップルの創業者、ジョブズがスピーチしたことで有名ですね。

文字通り、点と点をつなげる。ということです。

メカルの人生、あちこちで人と人がつながったり、

出来事がつながったりして、現時点で素敵な人生です。

メカルもまだ30年弱しか生きていないけど、本当にそう感じます

メカルがテンション上がるとき

メカルも人生の半分をハンドボールして生きてきたわけですが、

テンションがアガルー↑↑というときがあります。

それは関わった人と再会した時ですね。

今ではネットが発達していますし、フェイスブックなどでも知り合いがいます。

先日もフェイスブックでメッセージをもらいました。

ーーーーーーーーーーーー

お忙しいところ、Facebook上から失礼します。※返信は不要です>_<

昨日は承認頂きありがとうございました。

学生時代に遠征で一度メカルさんにお会いした事があり、

「熊にだって、蜂になれば勝てる☆」とご指導頂いて依頼、大ファンでした‼

承認して頂きとても嬉しいです(o^^o)Facebookの更新楽しみにしております☆

今後とも、瞳子をはじめ、順天堂大学ハンドボール部をよろしくお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーー

大学時代は沢山遠征に行きましたが、

たった一度しかお会いした事がない銘苅さんを順大女ハンはみんな覚えています‼

「記憶とはインパクト」だと習いましたが、

銘苅さんは存在感とメッセージが本当にずば抜けてインパクトがありました‼‼
初心者の多いチームで負けてばかりの私達に希望を与えて下さった事を、今でも本当に感謝しています。

ーーーーーーーーーーーー

とのこと。

車体の時になぜか知らないけど順天堂の女子が合宿に来てたんですね。

その時にメカルが何かしらをしたらしい。。。

何かをしたんだろうけど、何をしたかはまったく覚えていないけどね(笑)

現在HC名古屋でプレイしている瞳子もいたんです。

HC名古屋であった時はびっくりしましたねー。

今年の夏なんか、たまたま打ち合わせで入った喫茶店で、

たった一度、ハンドボールをした立命館出身のボーラーに会ってさ。

メカルは覚えていなかったんだけど、向こうが覚えていて声をかけてくれてね。

話が弾んで夜の集会にも呼んで一緒に飲んだっていう(笑)

申し訳ないけど、日本にいるときは年間で3000人以上と講習会とかでハンドボールしてたからさ、

覚えていないんだよねー。

だけど、たった1回、数時間でもメカルのことを覚えてくれることがうれしいですよね。

逆に2,3時間みっちりやって、メカルはその子の名前を憶えているのに

覚えられていないときは、、、そんなもんかと思います。。。

めかづの記事はこちらから

人生におけるすべての事象は,,,

メカルは

人生におけるすべての事象は人生における最善のタイミングで訪れる

と考えています。

もちろん、しんどいことたくさんある。

っていうかしんどいことばっかり。

もう嫌になって投げ出したいことばっかりだったり。

でもさ、美和ちゃんがさ、

諦めながらただ過ぎていく 日々にだって実は闘ってる

と歌っています。

もうだめだーと思うこともありますが、

実は闘っているからこそしんどいんですね。

闘うことを辞めたら、しんどいこともないですからね。

その時に闘っているからこそ、振り返った時にそれが「良かった」と思えるんでしょうね。

今できるベストを繰り返していく。

それが最大限に闘うことだと思うし、人生は闘いの連続ですもんね。

しかし、時として逃げてもいいんです。

逃げて体勢を調えてからまた臨むこともありです。

遠回りも、その時の経験も最善のタイミングで訪れるとも思いますので。。。

明日の種をまくのは今日なんだ

未来の自分は今の自分とつながっています。

明日の種をまくのは今日なんです。

美和ちゃんが歌ってる。

理想の自分に近づける方法は、今日、明日の種をまくことですね。

コーチングは時として農業的なアプローチにたとえられます。

flowerの記事はこちらから

特に教育の現場ではそうかもしれません

不良少年をぼこぼこにして指導していたとして、、、

その少年を社会に出た時に、その子が本当にやりたいことができるように、

社会を作る一員として貢献できるように指導するのです。

ただむかつくから殴っているのとではわけが違います。

そういう生徒と先生の関係は長く続くことが多いですよね。

先生という仕事は目の前の生徒に好かれようと思えば簡単です。

優しくすればいいんですから。

だけど、いつかわかってくれる!と信じているからこそ嫌われる覚悟で指導に当たるんですよね。

この生徒の開花はいつか分かりません。

すぐに効果として現れることもあれば、何年も先かもしれません。

その「いつか」を楽しみにできるのがモチベーションだと思うのです。

話を戻して、、、

メカルがいま関わっている人はいつかどこかで再会するかもしれません。

もう二度と会うことがないかもしれません。

だけど、「いつか」を楽しみに関わったら、楽しくなりそうですね。

もちろん、打算的なことではないですよ。

つなげる力を磨くこと

今起きていることが未来においてどこでどうつながるかわかりません。

それは誰もわかりませんが、

個人的なモチベーションとしては、

しんどいことも必ずどこかでつながると信じて取り組みたいですね。

もちろん、しんどい時はそんなことを考えられないんですけどね(笑)

また、日頃接していること、得ている情報をどこでどうつなげるか?というのが大事ですね。

ただの情報、出来事として流れてしまうのか、

それを自分の過去の経験と照らし合わせて、点と点をつなげることができるのか。。。?

そこに大きな違いがありそうですね。

脳科学の林先生は

この何かと何かがつながった瞬間に同期発火が起きて、

それが非常に脳を活性化させると言っています☆

メカルが講習会とかでやることは、

ハンドボールの授業で学んだこともあるのですが、雑誌で得た情報やドラマのセリフ、

器械体操とか、ダンスの授業とか陸上のトレーニングとか、生徒指導の授業とか、老人ディケアボランティアとか、

いろんなものを組み合わせて出来上がっていきます。

何をどこでどうつなげるのか?

情報を取捨選択して、

自分の中の記憶(知識+経験)と組み合わせて

それにメカルっぽい熱を加えて伝えることが、

今できるベストかなと思っています。

その今できるベストをして、名前を覚えてもらえないのならしょうがない。

メカルが至らない。

それで名前を覚えてもらって、この先いつかどこかで会えたのなら、

その時にまいた種が再会して開花しそうですね。

まぁ、もちろん、土壌に適したものというのがあるので、

メカルのアプローチが適さないことがあるかもしれませんけどねー。

その時はしょうがない。万人に好かれるためにいきているわけではない(笑)

だけど、嫌われてもしょうがないとは思ってはいない。

目指すべきは

一度会ったら忘れられない、一目惚れしちゃう

って感じでしょうか。

ここで闘う一日一日には意味があるんだ。

と自分に言い聞かせて、力を振り絞って生きていきたいと思います。

ブログをご覧くださっている方の中には

メカルと一度もお会いしたことがない方もいらっしゃるでしょう。。。

たった一度数時間という人もいるでしょう。。。

メカルの過去も知ってるぜという方もいるでしょう。。。

それがどこでどうつながるかわかりませんが、

もしもあの時のそれがつながったら、うれしいのに、すごくうれしいのに・・・☆

そんないつかを楽しみにしていますねー

だからいつでもお声掛けくださればと思います。

長くなったね。

中高生には難しいか・・・?

でも、しんどい壁に立ち向かっている、そこのあなたへ。

届け~(笑)

画像は17歳の時に東北遠征に行ったときにお世話をしてくださった中島先生

その時は、筑波の先輩になることも何にもわからなかったけど、

いまとなっては、不思議なご縁ですね。

そして、今年の国体予選で車体の試合会場に大同の応援に来ていた子どもが持ってたボール。

何年前に投げ入れたかわからないけど、それをまだ大事に持っているというのがうれしいですよね。

メカルも一言一句、一挙手一投足、誰にも恥じない、

それでいてできるならば良い変化が生れるようにしていきたいですね。

2014年も338日連続でいい1日でした☆

長いよ。

3400字余る。

みんな、せっかく書いたからシェアしてね(笑)

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。