講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@yahoo.co.jp

までご連絡ください。

 

好きが先か?上手が先か?そして福士蒼汰がかっこいい件。

IMG_3327.JPG
最近、メカルのマイブームは福士蒼汰!!

彼、めっちゃかっこいい!!

メカル、影響を受けやすいかも。。。(笑)

合鍵を渡していつでも来ていいよって言ってみたいと思ったり、

お風呂あがり、彼女にドライヤーを当ててもらいたいと思って髪を伸ばそうかと思ったり、

神の嫉妬にヒパヒパしたいと思ったり、

「いまから、する?

体幹トレーニング?」

って言ってみたい!!!

あー、かっこいい。


好きが先か、上手が先か。

さて、ここからが本題。

福士君、英語が達者らしいですね。

確かに英語の発音とか「日本人っぽい」感じがしません。

英語が好きなんだそうです。

そのきっかけが中学生のときの英語の先生が

「福士君は発音がいいからそのまま勉強するといいよ」

って言ったんだって。

それで、英語が好きになって勉強するようになって、

英検も2級を取って、ペラペラにしゃべれる。

英語が好きになる。というのは、

英語が上手。

褒められる。

嬉しくなる。

モチベーションアップ。

もっと勉強する。

できるようになっていくことが楽しい。

そんな自分が大好きだ。

自信が持てる。

夢中になる。

個性、ストロングポイントになる。

それを磨く。

ますます英語を学んで、楽しくなって、得意になる。

という素敵なサイクルに突入しますね。

これをハンドボールにあてはめてみたらどうでしょうか??

ハンドボール好きな選手、増えそうじゃないですか??

好きこそものの上手なれ

と言いますが、好きにさせること、というのは、

できるようにさせてあげることに直結しますね。

だから、ハンドボールの指導者はハンドボールをできるようにさせてあげなければなりません。

その中で、集団の中の自分を意識させること、

一人の人間としてどうあってほしいかを伝えること、

自分がどうなりたいかを見つけてもらうことをするんだと思います。

ハンドボールそのものの指導が目的的目的、

その他が手段的目的ということですね。


ハンドボール嫌いはハンドボール指導者が生む

福士君は英語の先生の一言で英語が好きになりました。

でも、世の中には英語が嫌いな人たくさんいます。

英語が難しいから英語嫌いが生れるんですか?

違いますよね。

英語嫌いは英語の先生が生むんです。

体育嫌いは体育の先生が生みだすんです。

ハンドボール嫌いはハンドボール指導者が生み出すのです。

ハンドボールを好きになるのか嫌いになるのか、

好きな人間の集団を作れるのか、嫌々やってる集団を作るのか、

指導者次第ですね。

ここで聞きますが、どっちの集団になりたいですか??

嫌いな集団になりたい人はいないと思います。

指導者も嫌いにさせたいという人はいないでしょう。

だけど、思い返してください。

選手をハンドボール嫌いにさせてはいませんか?

俺の想いが伝わらない、

俺の言うことを聞かない、

なんて言ってる人は、残念です。

なぜ?という矢印が自分に向かっていませんね。

勝てないのは選手のせい、

言ったことができないのは選手の能力が低いから、

聞かないのは選手が集中していないから、

想いが伝わらないのは選手が考えていないから、

ミスをするのは私生活がだらしないから、

と自分以外に向いているのかもしれません。

勝てないのはトレーニングの設定が甘かった

言ったことができないのは選手を伸ばせていないから、

聞かないのは注意をひきつける話し方をしてないから

想いが伝わらないのは自分中心の独りよがりだから、

ミスをするのはトレーニングで徹底せずに見逃していたから、

とはならないでしょうね。

こんな感じだとハンドボール嫌いが生れるかもしれません。


好きにさせよう、できるようにしてあげよう

選手に言った一言が、その選手の人生を大きく変えるかもしれません。

これは良い方向にも悪い方向にも転びます。

だからこそ、指導者は発言に気を付けないといけませんね。

誰でも褒められて嫌な想いをすることはないと思います。

もちろん、褒め方にもよりますよ。

その選手を肯定してあげることが、

ハンドボールを好きにさせるかもしれません。

できなかったことをできるようにさせてあげる、

それが楽しくて楽しくてたまらない感情を生み出すかもしれません。

車体の木切倉が言っていたのですが、

彼は小学校の時、ハンドボールが楽しくてしょうがなかったそうです。

休み時間もボールを持ってきてハンドボールしていたそうです。

実家では7mごっこをして、家を破壊したのもいい思い出。

そんな想いでハンドボールに取り組んだからこそ、

皆さんご存知のように素晴らしい選手になっていますね。

彼の小学校のときの指導者にもご両親にもお会いしたことがありますが、

やはり素晴らしい指導者の下でハンドボールのスキルと好きという感情を育んできたんだと感じました。


できるようにさせるにはどうすればいいのか?

では、好きにさせるためにできるようにさせてあげるにはどうしたらいいのでしょうか?

それは、指導者が学び続けるしかないですね。

指導者のものさしではかり、

いままでこれでやってきた、それでできないのはしょうがない。

選手が至らなかった。

なんでいままでの選手はできたのにこの選手はできないんだ。

と言って排除してしまうとよろしくないですね。

あの選手は肘が上がればもっといいんだけど、上がらないんだよ。

あの選手は守れればいいけど、守れないんだよ。

あの選手はパスができればいいんだけど、パスできないんだよ。

で諦めていませんか?

それをできるようにしてあげれば、選手はもっとハンドボールを好きになってくれるかもしれませんよ。もっと上手になれますよ。

指導者が学び続ける重要性はあるかと思います。

だけど、日本の現状では指導者が学ぶ機会というのが限られていますね。

そこが大きな問題であって、指導者に学ぶというモチベーションがあまりないというのも問題です。

例えば、NTSとか合同講習会のようなところにいって、選手はやっているけど指導者は寝てるってことないですか?

タダの引率ですか?

それは笑いごとですか?

日頃お仕事でお疲れですからしょうがないかもしれませんね。

でも、選手には話を聞け、集中しろっていうんですよね。

あれま、言ってることとやってること、違うじゃないですか。

それを棚に上げるどころか屋上まであげといて

子どもたちには監督コーチ、選手という上下関係、主従関係の中で

高圧的に指導をするのですか?

指導者と選手は違うんだよ。大人はいいんだよ。

ということもあるかもしれません。

だけど、選手は見て感じてますからね、そういう部分を。

メカルもいろんなところで講習会とかしてきましたが、

ハンドボールが盛んな地域とかでやると相手にされません。

強豪だと言われるチームスタッフは、座って談笑しています。

まぁ、なめられたもんだ(笑)

そりゃそうですよね。

どこのだれかわからないやつがハンドボール教えても大したことしないと思うでしょう。

でも、何か得られるかもしれないと選手の近くで見ているのとでは大きな違いですよね。


トップ選手の役割

日本リーグ選手はハンドボールをしている子どもたちから憧れの対象となるかと思います。

そんな選手からテンション上がる一言を言われた子どもが変わると思いませんか?

プレイを見て、あんな選手になりたいという目標ができたらモチベーションが上がると思いませんか?

トップ選手にはそんな役割もあると思います。

だからこそ、もっと積極的に関わりを持っていきたいですよね。

指導者の役割

ハンドボールの指導者なら、ハンドボール好きな人間を育てることかと思います。

強いチームを作ってももうハンドボールやりたくないと思わせたら、指導者の負けです。

進学校などでは大学でハンドボールを続けるということが難しいこともあるでしょう。

だけど、生涯の恋人がハンドボールと言えるよな選手を育成したいですね。

そのためには、

子どもたちを肯定的にポジティブな言葉かけをする

できなかったことをできるようにさせてあげるために学び続ける。

でしょうね。

メカルはまだ指導者ではありませんが、一応選手をしているので、

発言には注意して、忘れ去られない人にはなりたいですね。

メカルとハンドボールしたことなんて人生のたった数時間だったとしても、

何かインパクトが残るような、そんな出会いをしたいですね。

初めてハンドボールに触れた時、忘れられない出会いになるように、

そんな場面が日本中のあちこちで見られるといいですね。

ハンドボールでハッピーライフ☆

みんなでハンドボール大き人間をたくさん生み出しましょう。

福士君への憧れから考察してみました。

指導者のみなさん、生意気言って、すみませんねー。

所詮、戯言ですからね、真剣な。

2014年も334日連続でいい1日でした☆

シェアする

フォローする

コメント

  1. 稲葉です より:

    ↑ 戯言なんかじゃないですよ。大事なこと。肝に命ずること。

    ピシッって言われた感じ。
    頑張る!

    • mekaru atsushi より:

      稲葉先生
      世の中にはいろんな捉え方をする方がいるので。
      きっと何を指導もしていない若造が!!!と思っている人多数です。
      だけど、思い当るところがあるからイラつくんでしょうね(笑)
      そうでなくても、否定的に意見を排除する風潮があるのなら、指導者としての学びが止まっていると思います。。。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。