講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@yahoo.co.jp

までご連絡ください。

 

ハンドボールを数多く見ることは大事。動画ではなく生観戦の勧め。

今日は朝6時に出発して12時過ぎに到着。
ホテルでランチしてちょっと休んで、カップ戦。

試合の方が前回と打って変わってよろしくなく。。。

いいところなく32ー19くらいで負けました。

個人的には一本目に素晴らしいミドルが引っかけ上に決まったんだけど、
その後はシュートコースが甘くなってしまい得点できず。。。
前半30分のみで後半は出番なし。

でも、シュートまでの動きは悪くないと思っているし、
シュートを外してはいるけど、悪くはない。

まぁ、シュートを決めなければいけないのだけど。。。

できたことを数えて、できなかったことを課題にして明日も顔晴ろう☆

ということで今日は動画を紹介します。

2000ー2005までのプレイをまとめています。

2000年前後は、大同、HONDA、湧永に外国人選手がいて、
それはそれは面白かったのですよね〜(((o(*゚▽゚*)o)))

動画はこちらから

あとね、ツイッターで盛り上がったんだけどさ、
やっぱりハンドボールを会場まで行って生で見ること大事だよ。

最近はネットで映像とか見られるじゃんね。

だけどさ、そればかりではやっぱりわからないことあるわけで。。。

恋愛ゲームにハマっても現実世界で恋愛マスターになれるかどうかと言われればそれはちょっと違って、

二次元ではなく三次元でしかわからないことがあるわけさーね。

例えば、現場での声とか、身体の厚みとか、身体のぶつかる音とか。

そういうのは現場でしかわからないことが多い。

トップ選手がどういう風にアップしてるかとかね。

多くの選手は全体のアップの前に個人的に身体を動かしています。

それを見るだけでもかなり勉強になります。

そういう取り組む姿勢とかって指導者が見せたい部分の一つだと思うんですね。

もちろん、逆もあるわけで。

あんなことしてるなら見せたくない。
お金払ってまでは見せてもな〜と思われる選手がいることも事実です。

良くも悪くも現場でしか分かり得ないことがありますね。

ハンドボールの競技としての魅力はご承知の通り。

それを最大限伝える役割がコートに立つ選手、
ハンドボールに携わる選手にはあると思うのです。

未来のハンドボールから託されていますからね、我々は。

我々の姿勢を見て、ハンドボールの魅力にハマり
より良くしていくことが未来から期待されていることですよ。

誰がどこで見てるかわからないけど、
今日もニコニコ、ハッピーハンドボールにしましょう(((o(*゚▽゚*)o)))

2014年も322日連続でいい1日でした☆

そして今日のランチ。

IMG_3360.JPG

こっちの人、これでよく動けるよな〜といつも思う。。。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。