君はオルテガジャパンを知っているか?スタッフ編

君は、、、知ってるかシリーズです

今日はスタッフ。

12662571_923777977740697_6384091750875766837_n

まずは団長

田口さん

大会の途中から合流してくださったのですが、

基本的に何も言いません。

というのは、ネガティブなことは一切言いません。

ご自身も代表選手として、代表監督として経験されているので、

言いたいこともたくさんあったかと思いますが、

いつも見守っていて、選手に対してあぁしろこうしろ、というようなことは一切言わず、

状態が良くない時にも、ポジティブな声掛けをしてくださいました。

茂さん

茂さんは忙しい中、ずっと帯同してくださいました。

スペイン語も堪能なので、オルテガ監督とのコミュニケーションをはじめ、

選手にとってもコーチングスタッフとはまた違った角度から支えてくださいました。

チームが円滑に活動できるように整えてくださったので、

大会期間中だけではなく、オルテガ監督との契約交渉、

その後の選手派遣に関わる裏方的な仕事をして、

チームを回してくださいました。

試合のビデオを撮ってくださったのも茂さんです。

12670131_923777971074031_3432377577108033338_n

吉村さん

吉村さんはコーチという立場でオルテガ監督と選手をつないでくださいました。

トレーニング中もミーティングで話していたことを

選手が忘れないようにずっと声掛けをしてくれたり、

オルテガ監督の意思を我々に伝えてくださいました。

試合前のアップとかもリードしてくれて、

選手の声を常に聞こうとしてくださいました。

北林先生

北林先生はキーパー3人をしっかりとまとめてくださいました。

キーパーだけのミーティングを毎日重ねて、トレーニングの映像、

対戦相手選手の映像などをしっかりと編集してフィードバックしていました。

キーパートレーニングもオルテガ監督のやりたいハンドボールを考慮して

毎回いろんなアプローチをしてくださいました。

コートプレーヤーに対しても選手の特徴を伝えてくれたりして、

キーパーの奮闘はしっかりとした準備が生んだものだと思います。

自前でマックのパソコンを買った気概が素敵です。

12647391_923774477741047_4130822971182894437_n

市村さん、永野くん

分析班のお二人。

市村さんは大会期間中は帯同できなかったのですが、

直前合宿ではしっかりと映像編集してフィードバックしてくださいました。

オルテガ監督の映像に関する要求は高かったと思います。

試合後にはすぐに映像を見て、切り出して、編集して、

翌日には選手にフィードバックされます。

本当に寝ないでやってるんじゃないか?と思うくらい。。。

試合ごとにモチベーションビデオを作ってくれたりして、

我々がしっかりと整理された状態で試合に臨めたのも、

分析班のおかげですね。

寺尾トレーナー

大会期間中は選手17人に対して、トレーナーが一人。

古傷を持っている選手もいれば、突発的な怪我もあります。

それに対応して毎日遅くまでケアしてくださいました。

トレーナーが二人いてもいいな、、と思えるくらいの仕事量ですね。

トレーナー部屋での試合観戦など、場所の提供もしてくださいました~。

生れたばかりの息子、はるくんを置いての1カ月は寂しかったと思いますが、

Skype越しに見るはるくんはでらかわいかったがや。

森實先生

大会期間中、ドクターがツキっきりになるほどの大きな怪我は起きなかったのが良かったです。

先生はいつもニコニコしてて、たまに面白いことを言って、

代表チームのゆるキャラ的存在でした。

ご自身も愛媛県のトップレフェリーとしてご活躍されているらしく、

ハンドボールにも精通しているので、

今後もどこかの大会でお世話になることになりそうですね。

病院ではお世話になりたくないけど。。。

でも、有休を使ってまで帯同してくださって本当にありがたい限りです。

IMG_1480.JPG

ローランドさん

何といってもローランドさん

ローランドさんなくしてはここまでオルテガがうまく日本選手を率いることはできなかったのではないか?

と思えるほどです。

これは選手全員がそういっていました。

オルテガ監督もローランドさんのことを「MY SHADOW」といって信頼しているし、

最高にいいコンビでしたね。

オルテガ監督のテンションに合わせてローランドさんの通訳もテンションが変わるし、

非常にわかりやすくやりやすかったです。

治療器具を飛行機に乗せないと言われたときも、

ローランドさんが空港職員と戦ってくれたので、無事でした。

いろんな問題が起きるのですが、語学に堪能なローランドさんがいてくれて、

本当にストレスを抱えることがなかったです。

オルテガ監督がまた日本代表を率いるとしたら、

ローランドさんを指名するでしょうし、選手としても安心度が違いますね。

その時は、たまにとばす冗談が本気かどうかを知るまでに時間はかからないでしょう。

12669483_923777974407364_3401042897234007028_n

という感じです。

充実のスタッフがいてくれたおかげで、

選手は試合に集中して臨むことができました。

もちろん、忘れてはいけないのが、

協会の事務局の方々です。

大会エントリーやアジア連盟とのやり取り。

航空券やホテルの手配、追加変更手続きなど、

事務方の仕事なくしては選手がいても試合に参加することはできませんからね。

本当にたくさんの方々のサポートで代表活動ができました。

皆さんがネットで試合を見て応援してくださる、

その裏側では、画面には映らないけど、たくさんの人がエネルギー使って

我々が安心してハンドボールに没頭できる環境を作ってくださっています。

試合を見る時に、そんな方々の顔も思い浮かべてくだされば幸いです。

次回は選手編、やろうかな。。

1人ずつ、写真を撮ればよかったわー。。。

明日という日もこれまでの続き☆

ハンドボール上達ブック



Amazon

シェアする

フォローする

コメント

  1. ハンド好き母ちもまむ より:

    仕事ができる人間が集まって
    素晴らしいチームを作る。
    文章から想像でき目頭が熱くなりました。
    職種は違えど自分の仕事の環境を思い
    本当に羨ましく思いました。
    選手の皆さんが、人生の一部でも素晴らしい経験をされて良かっですねと、つくづく思います。
    オルテガJAPANかむばっくー!ですよ、ファンとしては(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

    ところで新チームでの勝利おめでとうございました!
    弾丸スケジュールですね。
    身体に気を付けて頑張ってください٩( ‘ω’ )و
    ブログ、Twitter楽しみにしています(๑°꒵°๑)・*♡