カップ戦、終了

00260413-214311.jpg

今日はハンガリーカップの準決勝、決勝。

試合はと言えば、うちのチームはかなり苦しい状況。
代わりの選手はいないし、激しいディフェンスで怪我も出るし。

善戦しますが20ー23で負けました。
勝てるチャンスもあったと思いますが、相手が四人のときに得点できなかったりして、
もう少し、、、でしたね。
でも、4位なんだけど、メダルもらいました(笑)

決勝はベスプレムとセゲドの試合で、
ベスプレムが後半大事な場面で突き放して優勝しました。

20140413-214518.jpg

パンフレットを見てたんだけど、
ベスプレムの選手は平均年齢、30歳を超える。
メカルより若い選手が2人。
サイドのウガルデとジャマリ。
あとはメカルと一緒かそれよりも上。
どのチームもそうですが、30歳を超えたくらいの選手が主力をしていることが多いです。
ハンドボールは体力だけでの勝負ではないので、
技術の習熟度、戦術理解度、戦術達成能力が磨かれて、
それでいて体力があるのが30歳を少し超えたくらいなんでしょうね。

もちろん、若いタレントが試合に出ることもあります。
18歳のセンターが普通にボール回したりしてます。
自分の半分しか生きてないような選手と一緒に
ハンドボールするんだから面白いですよね。
あと、今回の4チームで184センチのメカルは下から4番目の小ささ(笑)
あ、メカルって小ちゃいんだなぁとパンフレット見て思いました。

今日の試合は選手席がそこにしかないので、
ゴール裏で見てました。
本当に目の前でアップしたり試合したりしてます。
ボールを拾って返したりして、
ウガルデやジャマリと挨拶をするなんて、
なかなかないんだろうなぁと思い、
日本にいる人って、ここで試合みたら感動するんだろうなぁとか思ったり。
イリッチの7mを背中側ではなく、ゴール側から見ることもあまりないよね〜

20140413-214602.jpg

選手が体育館に入るだけで観客は大騒ぎ。
試合前から応援合戦して会場は盛り上がっていました。
こんな光景が日本で見られるのかなぁ、いつかなぁとか思ったりしてました。

うちの監督とも話したけど、
うちの監督、ハンガリーカップを11回優勝したらしいよ(笑)
ベスプレムで12年プレイして、その後オーストリアで4年プレイして、
そこから指導者の道に進み、ハンガリーの2部、クウェート、ハンガリーの女子チームとコーチをしてきて、いまに至るそうです。
エリートだよなぁと思いながらも、自分がそれだけできていたから、
もどかしいだろうなぁと思ったり。
メカルも出来る限り、理想のハンドボールに近づけるようにしたいと思いました。

試合を見ていて思ったのは、いろいろあります。
やっぱりうまい選手見てると楽しいですね。
そして強い選手を見るとワクワクしますね。

あんな風にクロスひっかけてぇー

とか、そこに方向付けしてるときは、
そうやっていくんだな。とか。

やっぱり、シュート打ちたいなぁとか。

5/3の試合に向けて、準備して、残り2,3試合を悔いなく終わりたいと思います!!!

あとね、今日の決勝は残念だった。
審判が目立ちすぎる。
試合にすごく水をさす。
わがままと言うかセルフィッシュな笛。
選手もストレスたまるから、怪我もでるしね。

審判大事だなーと思った。

2014年も103日連続でいい1日でした☆

ハンドボール上達ブック



Amazon

シェアする

フォローする