金じゃないんだ。でも金なんだ。

ハンドボール選手として大事なことは、プレイすることです。
試合に出て、プレイしないことには、何のためにトレーニングしているのかわかりません。
だから、選手はプレイできる場を求めています。
そして、より良い条件を探しています。
もちろん結果を出せば、自ずと条件は良くなっていくのでしょうが。。。

今日のランチタイム。
20歳の若い選手がいきなり移籍を告げてチームを去りました。
詳しいことはわかりませんが、プレイタイムが欲しいとのこと。
この選手、左利きで195くらいあるのですが、まだハンドボールを始めて5,6年らしく、
トップチームの試合に出ることはあまりありませんでした。
だけど、将来性はあるし、がんばてくれたらなぁ…。と思っていたのですが。

移籍するにあたりいろんなことを考えたと思います。
移籍先との契約がどんなものかわかりません。
半年だけかもしれないし、このまま完全に移るかもしれない。
だけど、選手にとってプレイすることが大事だからしょうがないですよね。
チームの大半が知らなかったと思いますが、
みんなは、がんばれ~みたいな声かけをして送り出していました。
こういうことが起きるのもプロの世界ですね。

日本だったら送別会やらなきゃーって感じかな。

ってのんきなこと言ってますが、
なんと、他の選手も契約が危うい。
シーズン前にキーパーが怪我してしまい、急遽契約をした選手が、
昨年末で契約切れたらしいんです。
必要な選手だと思うのですが、チームはお金がないからと再契約はしないとのこと。

そしてもう一人。4年もこのチームにいる選手ですが、
今シーズンは出場機会も減って、しかも救急車で運ばれて体調を崩したんです。
いい選手だとは思うのですが、やっぱり試合に出られないのは厳しいですよね。
試合に出たいから移籍を持ち出したら、
じゃあ、契約を切っちゃうよ。みたいになったらしく、この選手も不安定。
レンタル移籍みたいな感じになるのがいいかと思いますが、
どうなるんだろう。。。

っていうか、一気に3人も抜けたらチーム、回らないけど。。。
練習で6:6もできなくなっちゃうね。
っていうか、このクラブ、大丈夫かね?
サラリーも遅れているし、家賃の補助ももらってない。。。
っていうか、明日は我が身。だよね。
いつ、もう来月からは契約しないから。
って言われてもおかしくはない。

あー、これがプロの世界なんだなーと思った。
日本でやってるとこういう状況になることはなかなかないですもんね。
いかに日本が保証されて、恵まれているか。

もちろん、結果を出し続ければ、契約が切れることなく、
選べるんだろうけどね~

いやいや、難しい話ですね。
そこはクラブと選手のやり取りだから何もできないしね~。
1年前もデンマークの恋人とこんな話してましたね~
クラブのお金がないから全員サラリー10%カット。
嫌なら他のチームと契約すれば?みたいなことを経験した門山さん。
お金払えないからって移籍先を探してくれたメカルの最初のチーム。

やっぱりお金は大事ですね(笑)
みんなー。
ニーサでお金、増やそうぜ(笑)

画像は手作りニット帽
From JAPANだよー
岐阜から届いたのね~
ニット帽がなかったから本当にありがたいです☆
ハンガリーで売ってるものより絶対上等だはず!!!

素子さん、年末年始のお忙しい時に本当にありがとうございました~(≧∇≦)

お金じゃないですね
皆さんのその気持ちに支えられて生かされて、活かされています。
一生かけて、そういう優しさの連鎖をしていきたいと思いました。

2014年も9日連続でいい1日でした☆

ハンドボール上達ブック



Amazon

シェアする

フォローする

コメント

  1. クマ より:

    おばんです☆
    プロの世界は厳しいというか、すべて自分のことは自分なんですね。。。改めて保証というものが、恵まれていることを実感しますね。。。
    私、ものすごく贅沢なことを言わせてもらえれば…サラリーより今は休みがほしいです(* ̄∇ ̄)ノサラリーをいただいて休みを満喫できることは重々承知ですけども…。。ワガママ言いましたm(__)m

  2. meka より:

    クマさん
    お休みも適度にもらって、リフレッシュした方が、目の前にいる患者さんのためかもしれませんもんねー。メカルの知ってる看護師はみんなアクティブです。夜勤明けとかでも全然平気~みたいな(笑)