ブンデスリーガ見てきた☆

今日はラインネッカーの試合見てきました!!

初めて見たブンデスリーガ。

度肝抜かれる!!!

もうね、何もかもが違うのよ。
会場もアップも試合も、選手の入場も何もかもが。

選手入場の前に中央のスクリーンに映る映像。

選手がラグビーのハカを踊り、プロモーションビデオを撮ってあるんです。

これがまた非常にかっこいい!!

鳥肌が立つほどの興奮ですよ。

試合の内容は一つ一つのプレイが、迫力抜群で、見てるだけで嬉しくなります。

試合後はコートの中に子供たちが入ってきてサインをもらう。
写真を撮る。
これが本場か~と納得して、実感しました。

試合会場にはビール、ホットドッグ、ピザなどが置いてあり、それを食べて飲んで試合に向かいます。

メカルは臼田さんのご厚意で、せっかくだからと食事付きのチケットを準備してくださって、ブッフェスタイルの食事をとってから試合をみました。

スポンサー招待のみの食事スペースや、VIP席もあり、簡単に言えば、日本の野球場みたいな感じ。

すごいんだよね~何もかもが。

これは、
ここでハンドボールしたい!!
と絶対思う。
こんなハンドボールを見せてあげたいと絶対思う。

あー、ハンガリーのハンドボールなんて、ブンデスリーガに比べたら…Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

やっぱり違うなー。

ハンドボールも観客も演出も何もかも。
ブンデスリーガの平均観客数は最下位のチームでも2000人弱。
キールなんて1万人を超える。
平均ですよ!

日本の平均は半分ですね。

あんな環境でハンドボールしたいなぁ…と思った一日でした。

臼田さんが会場のいろんな人に、メカルのことを紹介してくださって。
ハンガリーでハンドボールしている日本人ですって。

そして、ラインネッカーの監督に、こんな日本人がいるんだけど、ラインネッカーでプレイできないか?
と質問すると、

なんと!!!

ない!

と言われました(笑)

可能性はゼロ(笑)
まぁ、全く知らない日本人だもんね~

選手にも声をかけてサインや写真をお願いしてくださって、本当にいい時間でした☆

会場には学芸大学から交換留学で来ているかすみさんと、デンマークにコーチ留学しているとよきと、旅行でこっちに来ている稲葉先生と、みんなで楽しくやりました。

日本のハンドボールがブンデスリーガみたいにならないかなー。

何年後だろうなー。
誰か、??年後計画ってかんがえているのかなー。
Jリーグが発足した時に、サッカー協会は100年構想を出して、いまはその途中にあるんですよね~。

ハンドボールはどんなゴールに向かって、今はどの位置にいるんだろう。

なーんて考えた一日でした。
ラインネッカーの両サイド。
知ってる人~。


ハンドボール上達ブック



Amazon

シェアする

フォローする

コメント

  1. のぶ より:

    稲葉先生がいるー。めちゃめちゃ羨ましいですね。
    日本でも、そんな試合ができる日が来るのでしょうか。オリンピックに期待しちゃいます。

  2. きんぎょ より:

    コートの中に車が(゜ロ゜)
    スポンサーなのか勝利チームにプレゼント?