シュート入らず

今日は隣町で試合。
車で30分のところです。

前半は中盤にリードされて嫌な展開でしたが、終盤に逆転して16ー13で折り返します。

後半はディフェンスからの速攻で加点してセーフティなリードを保っての試合でした。

メカルはスタートから試合に出ますが、得点できず…

一発目のシュートもいい感じだったのに、コースに持って行ききれず。

シュート力ないわ~( ̄▽ ̄)

シュートは入らなかったけど、パスワークでリズムは作れたかなと思います。

メカルがセンターに入ってから前半はリードしたし。

でも、相手チームの監督はメカルが昨シーズン初めて所属したケチケメートの監督で、1:1とか、かなり警戒されていました。

一発目から平気で顔にアタックきたからね。

もちろん、退場になったけど、顔にアタックして戦意喪失することを狙ったのかな。

それが二回もあったからな、わざとだな。

メカルもまだまだなめられてますね。
また土曜日にホームで試合。
しっかり勝てるようにコンディションあげていきたいと思います。

ハンドボールってめっちゃかっけ~。

って思われないな、今日のメカルは…。
精進します!

ハンドボール上達ブック



Amazon

シェアする

フォローする

コメント

  1. atsushi より:

    周りの人に、ハンドボールやってます、っていうと、たいてい、かっこいいと言われます。
    愛知と茨城だからかもしれないんですけど、ハンドボールってマイナーだけど、知ってる人にはかっこよく映るんですよね。
    そう、かっこいいんですよ。
    レベルの高い試合に触れる機会さえあれば、もっと盛んになるんだろうなあ、というぼんやりした考えですが、具体的にどんなアプローチがあるんだろう、とよく考えてます。

  2. meka より:

    atsushiさん
    そう、ハンドボールって魅力的だと思います。
    それに触れる機会がなかなか。。。
    でも、ハンドボールをしている人間はみんなその役割を担っていますよ。
    高校の部活でもどこでも、ハンドボールってかっこいいって思わせることができるのは、やっぱりハンドボーラーですからね。
    そう、我々は未来から託されている!!!