サワオカトウ

今日の午後はケアの日でした。

ホテルのリラクゼーションルームみたいなところに来て、ジャグジーに入ったり、サウナに入ったりしながらマッサージを受けます。

テレビを見ながらコーラを飲み、チップスやパンを食べながらまったりします。

そこで、トレーナーの人と話していると、日本のスポーツは何が強いか?との話題になり、

サワオカトウを知ってるか?

と聞かれました。

オリンピックで金メダルを取り、筑波の教授でもある加藤先生を知らないはずがありません。

大学では、素晴らしい先生方が身近にいたんだなーと思います。

大学の授業では、1964年の東京オリンピックのことを結構取り上げていたのですが、2020年の東京オリンピックも後々語り継がれることでしょうね。

東京オリンピックの走り高跳びで初めて背面跳びをみた。

当時の映像を見るとマットとかないんだけど、フォスベリーという選手が背面跳びをするんですよ。

これをフォスベリージャンプと言って世界中がびっくりしたとか。

次の東京オリンピックでは、ウチムラとか、シライという後々語り継がれる画期的な技が見られるかもしれないですね。

でも、2050年くらいに、

2020年の東京オリンピックに出たんだよ。

とか言えたら超かっけーな。
あのジジィ、東京オリンピック戦士ー??とか言われてね。

それだけ地元オリンピックってすごいことですね。

その時、どこでなにしてるかわかりませんが、生きてるうちに何回もないだろうから楽しみたいですね☆

まぁ、今はまだあまり実感しませんけどね。

画像は一気に冬めいてきた通り。
なんか、すごくさみしくなるね。
落ち葉も、葉のない木も。

冬だー。
何と言っても、メカルにとっての楽しみはない…(^◇^;)

ハンドボール上達ブック



Amazon

シェアする

フォローする

コメント

  1. こりし より:

    東京オリンピック、ぜひ日本のハンドボール界に何らかの貢献を!期待してますっ(^^)/。

  2. meka より:

    こりしさん
    あと、7年後かー。
    いま、いろいろと考え中です(笑)
    人生設計、、、(笑)