えみさんの特集。からの考察。

今日の画像は、今月発売のスポーツイベントのページより。

表紙にも載っていますが、内林えみさん

えみさんとは数回?一回?しか会ったことないんですが、ビビビときて、この人楽しそう~と思いました。

神奈川から岩手花巻までチャリンコこいできたり、被災地のボランティアでは率先して行動し、子どもたちとの触れ合いは一番に心を掴み、何ともエネルギッシュでステキな女性☆

まぁ、メカルが言わずともイベントを読んでくれたらわかります

画像を見て何か感じませんか~??

メカルはすぐに違和感を覚えました

脚の筋肉とか、観客の多さとかじゃなくて、ボール

ボールが真っ黒黒スケ。

松やにつけ過ぎ~(^◇^;)

もうチョッときれいなボールでやればいいのに…

と思うのは日本人ですね

本場ドイツの試合であんなボールを使ってるんですよ!!!

何でだろう?

多分、そっちの方が選手が扱いやすく、いいから。

ハンドボールの技術が発揮できてエキサイティングだから!!!

見てる方も、ボールがすべって手に付かないよりは、すっげースピンシュートや、しなりのあるシュートを見たいから。

ボールが濡れてると言っても替えてくれないとか、そんなレベルじゃない。

選手がやりやすいようにすればいいじゃんと思うんですよね~

ボールの空気圧も、松やにも、ボール交換も。

まぁ、レフェリーも大変だと言うことはわかりますが、メカルみたいなやつもいるわけだし、

でも、誰からか聞いたことあるけど、どんなハンドボールさせたいか??という基準で吹かれたら困る。

そんなのは自分のチームのトレーニングのときにやって、強くしてくれたらいいわ。

レフェリーのハンドボール価値観や、戦術観を超えるハンドボールが目の前で起きたら対応出来ないやん!!

メカルだって、トレーニングのときはメカルール基準で笛を吹きますけどね(^◇^;)

何が言いたいかというと、みんながハンドボールを良くしようというベクトルの方向が定まっているのが大事。

プレイヤーズファーストが大事。

我々は大事にされてるから、感謝の気持ちを表現するために、コート上でがむしゃらにやるのが大事。

まぁ、長々と書きましたが、やっとiPhoneに慣れてきたぜよ☆(笑)

みんなでハンドボールを良くして楽しめたらいいですね☆

今日もみんなで力を合わせて走れたことに感謝☆

明日も希望に起きて努力に生きよう♪

イェイイェーイ(^O^☆♪

ハンドボール上達ブック



Amazon

シェアする

フォローする

コメント

  1. あんこ より:

    このような方が海外で活躍しているとはイベントを見るまで知りませんでした・・・↓
    (すみません´へ`ゞ)
    ホントにエネルギッシュな方ですね!!