日本一の練習とは…

111113_2136331.jpg
先日、高校生を指導する機会があって。
一通り練習を終えて、最後のミーティングのときの話。
「今日の練習、楽しかった人~??」
と聞いたら、全員が手をあげます。
何で?と問うと、
「いつもと違う練習だったから」
と、ここまではいつものパターン。
いつもの先生と同じ事を言って、同じ練習をしてても、アプローチの仕方で
その瞬間の練習の雰囲気とかって全く違ってきます。
しかも、脳みそは新鮮さ、新しいものを好むので、
いつもと違った刺激に対して飽きがない分、楽しいと感じるのかもしれません。
メカルのトレーニングを見たことある方、どうでしょうか??
本当に楽しく練習できているかね??
また、その後、良き変化はありましたかね??
というのはどうでもいいのですが、
「じゃあ、今日の練習を毎日やれば優勝できると思う人~??」
と問えば、誰も手をあげませんでした。
なぜでしょうか??
じゃあ、なぜ優勝できると思わないのでしょうか??
それは指導をした、メカルに原因がある?
もちろん、指導内容に原因はあるのかもしれません。
環境に原因がある?コンディションに原因がある?トレーニング内容に原因がある??
いろんなことが考えられるかもしれません。
がBUT、
「今日の練習をしたら優勝できる」
という実感のない練習を毎日続けても優勝は出来ません。
日本一になるには、日本一の練習をする必要があります。
それが、今日の練習は日本一の練習ではないのならば、日本一にはなれません。
「今日は楽しかった。充実していた。これを続ければ絶対に日本一になれるから明日はもっとやってやろう!!」
と思える練習を繰り返していたらきっと日本一になれるはずです。
何が言いたいかと言われれば・・・
「日本一になるんだ!というメンタリティーをもって、コートに入る。練習をする」
ことが日本一の練習になり、日本一になれる条件なのかもしれません。
もちろん、環境はもちろん、選手、スタッフの力量はあります。
でも、そのメンタリティーをもっていないと日本一の練習にはなりませんからね。
リーグも始まり、練習でガンガン追い込める日も少ないです
その中でどうやって日本一の練習をするのか・・・?
メカルが行き着いた答えは・・・
「やらされの100発より、やる気の1発!!!!!!!!」
これしかない。
さぁ、明日も顔晴ろう☆
画像は愛知県教員のばーつく出身の皆さん
みんな素敵な先生方です↑↑
メカルの子供を預かってもらいたいくらい(笑)
その時まで教員しててくださいね~♪
西尾先生、帰るの早いよ~(笑)ゴメンね~

ハンドボール上達ブック



Amazon

シェアする

フォローする

コメント

  1. YUKA より:

    日本一の練習。
    日本一になったら、日本一の練習をやってきたからね。
    って言えるけど、
    日本一を目指すなら
    日本一になることにこだわり、優勝する為に必要な情報を得て、日本一のチームを良く見る、日本一を導いてくれた指導者を信じ、観察することかな。
    その結果日本一になるんかな。
    あなたの大好きな★シンさん★より

  2. 匿名希望 より:

    間瀬先生
    先生にハンドボール教えて頂き
    本当に感謝しております(^-^)v

  3. tsuyoshi より:

    メカルの考え方も正しい視点の一つだと思う。
    ただ、自分が思ったのは毎日教えてくれている先生、有名で現役のハンドボール選手だけど1日だけ指導しに来てくれた人では、練習メニューや発言を信用してくれても信頼までは、短時間では得られないのじゃないかな?
    一人一人に感情や考えがあるように信頼関係を築くのって難しいというのは、メカルもよく知っているんじゃないかなと思うんだけどな。
    ちょっと感じたんでコメントしてみました。
    ★中学からメカルを知るハンドボール仲間より★